マネジメント > 業務効率化

醜い組織とはどのようなものか!?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ「半沢直樹」の続きです。
あのドラマで注目すべきは「自己保身ばかりに走る組織がいかに醜いか」と
いうことではないでしょうか。

あのドラマでは唯一、主人公の半沢直樹だけがすこーしだけ、お客様のため
の考えを持ってますが、それ以外は誰も、一言も「お客様のため」という言葉
も行動も、少しも見られませんでした。

「銀行は人事が全て」

この一言がいかに、組織が大きくなると、お客様ではなく、内向き思考になっ
ていくかが良く分かります。

しかし、これと同じようなことが歯科医院でも起きないとも限りません。

それは「仲良しクラブ」です。

「歯科医院は仲が良いことが全て」

になってる歯科医院は非常に多いです。
そこには「患者様のため」という視点が抜けています。

だからこそ、平気で診療中でも私語が多かったり、アポを切ってしまうことが
できてしまうのです。

銀行の人事が全ての内向き思考も非常に醜いですが、歯科医院の仲良しクラ
ブも非常に醜いということをあのドラマから学ぶ必要があるのではないで
しょうか?

じゃあ、そんな組織にしないためには、どうしたらいいのか?
それは、常に「何のために仕事をするのか?」という仕事観を語り続ける
ことに尽きます。

あなたは、12月と1月という仕事観を伝えるのに、最高のタイミングでどれ
だけ、仕事観を伝えましたか?

もし、1時間も仕事観を伝えることに時間を使っていないのであれば、要注意
です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事