マーケティング > 院外マーケティング

最新刊『売上目標は立てるな!』

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新刊『売上目標は立てるな!』ですが、お陰様で、売れてます。
先週も丸善丸の内本店ビジネス書ランキング2位!(9/12-9/18)

全ては偶然ではありません。必然の結果です。
やるべきことは出版社ではなく、全て、私がやってます。

日頃から、私は経営塾でも言ってます。
「業者任せにするのではなく、自分でやらないと結果は出ない」と。

それを正に実践する機会がありました。
読者数300万人以上、日本経済新聞に広告を掲載しました。

ちなみに、この広告、180万円もの金額を全て、私が負担しています。
出版社は0円です。

しかも、出版社が出してきた原稿が余りにヒドイ。
見た瞬間、売れないと確信しました。しかし、ほとんどの人はそれで終わり。

しかし、私は違います。結果を出すために必要なこと、できることは全て、
やります。なんと、日本経済新聞の広告なんて、もちろん、作ったことも
ないのに、全て私がゼロから作ったのです。

イラストレーターさえ、満足に使えないところからです。
できない理由はたくさん、あります。
しかも、実はこの時、締め切りがさし迫っていたのです。

出版社に2週間以上前に原稿を出すように指示していたにもかかわらず、
出すのが遅れに遅れたのです。そこで、私は旅行中であったにもかかわら
ず、飛行機の中でも原稿を考え、ホテルで徹夜で作り上げました。

レイアウトから、デザインから、言葉の一言一句に至るまで、全て、私が
やりました。でも、自分以外の人なんて、そんなものです。
だからこそ、実践力、実行力が大事なのです。

結果、広告が掲載された日のアマゾンランキングは総合19位まで上がり
ました。私の倍の広告を出しても、ランキングが60位程度までしか上が
らない書籍が多い中で、これは大きな成果です。

成果を出すには結果にこだわるのではないのです。
結果はいくら見ても、何を言っても変わりません。

しかし、結果を出すためにやったほうが良いと思うことはできます。
それをいかに積み上げることができるか。
できない言い訳をせずに、やりきるか。

そのプロセスを大切にすることこそが結果を大切にすることなのです。
それを正に、自ら痛感した出来事でした。

『売上目標は立てるな!-20人までの組織をまとめるリアルマネジメント-』
⇒ http://www.amazon.jp/dp/4484132311/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着