マネジメント > 労務・人事評価・採用

採用できないのは誰のせいか?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.12.20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もし、私がこんなことを言っていたら、あなたは私のことをどう思いますか?

「なかなか、良い人が採用できない。
なぜなら、そんなに高い年収を払えないからだ。

それなのに、外資系コンサルはあんなに高い年収を払いやがって!
Googleとかがあんな高い年収を払うせいだ!おかしい!」
「バカじゃないのか?」
「だったら、自分も高い年収を払えばいいじゃないか?」
「経営者としての自分の無能を証明しているようなものだ」

そう思う人が多いのではないでしょうか。
もちろん、私はそんなこと言いません。

Googleや外資系コンサルが高い年収を提示してるのは経営努力をしているからであり、それだけの金額を提示できない自社の未熟さを痛感するばかりです。
しかし、先日、ある先生からこんな話を聞きました。

「経営塾でも有名な先生のことを地域の先生はぼろくそ言ってるんですよ。

地域の先生の集まりがあると、ほぼその医院のことが出て、こないだはあの先生が時給●●円も出してるから採用できないって文句言ってたんですよ」

私はこの話を聞いて、耳を疑いました。

えっ、自分の医院が採用できないのを地域の先生が高い時給を払ってるせいだと何の疑問も持たずに言ってしまう、その感覚がすでに大問題だと。

そもそも、その医院は大いなる経営努力をしているから、患者さんもたくさん来るし、それだけの高い時給を提示できるのです。

先ずは、自分の医院でも、それだけのことができるように努力するべきだし、それが難しいのであれば反省するべきです。

それなのに、それを人のせいにするだけでなく、悪口というか、その医院がいけないんだと、だから、そんなに高い時給を提示する医院は間違ってるというようなことを言うこと自体が不思議でしょうがないです。
そういうことを言ってる医院に限って、残業代をしっかり払ってなかったり、残業代の計算がおかしかったりするのです。

どちらがおかしいのでしょうか?

国は最低時給は決めてますが、最高時給というのは決めてません。

むしろ、政府は給与をもっと引きあげろと言ってるんです。
これも訳が分かりませんが。
地域で頑張ってる医院がある。

だから、患者が来ない
だから、スタッフが採用できない
だから、経営が上手くいかない

ではないのです。

もっと、目の前にやるべきことがあるのに、やってないだけです。
それをやりつくしてから、文句を言うようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事