マネジメント > モチベーションアップ

女性スタッフの心に火をつけたものとは?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2017.1.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

コンサルタントに同行したクライアントでのお話です。

そのクライアントの院長先生は今年、幹部スタッフと共に経営塾に参加されました。そこで、院長先生の意識が大きく変わり、コンサルを受けられることになりました。

しかし、経営塾に参加することになったのは院長先生ではなく、幹部スタッフさんが「こういうセミナーがあるから一緒に参加しましょう!」と言って、参加したそうなのです。

その幹部スタッフの方と面談した時に、こんな話をしてくださいました。

(ここから)
私、以前は自己啓発みたいなの凄い嫌いだったんです。
(ちなみに、うちは自己啓発セミナーではありませんので)

でも、私がDH学校時代に同級生だった子が実践会さんのクライアントで働いていて、すっごい変わったんです。

昔は、できるだけ楽してお金もらいたい、できるだけ働きたくないという感じの子だったんです。それが、経営塾に参加したり、コンサルを受ける中で劇的に変わっていくのを見て、セミナーに興味を持ったんです。

しかも、その子は今年の実践会の表彰式で表彰までされてました。
その子の話を聞いていて、こう思ったんです。

これは絶対に院長にも参加してほしい。
でも、院長だけだったら、参加しないかもしれないし、実践しないかもしれない。だから、私も参加したんです。

お蔭で、院長もかなり変わってくれました。
(ここまで)

ここまで医院のこと、院長のことを考えてくれるスタッフがいるんですね。
しかも、この幹部スタッフに影響を与えたのは実践会の他のクライアントで勤める女性スタッフだったのです。

その子の成長が他の医院で働く女性スタッフに影響を与え、影響を与えられた女性スタッフが院長に影響を与える。

一人の人が成長するということは自分だけに留まらない。
その医院で勤めるスタッフに影響を与える。

他の医院で勤めるスタッフに影響を与える。
他の医院の院長にも影響を与える。

そうやって、一人の人の成長は多くの人に影響を与えていくのです。
そして、どれだけの人にプラスの影響を与えましたか?
また、どれだけの人からプラスの影響を受けましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着