マーケティング > ホームページ

ブログをフェイスブックに投稿する

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2017.2.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近では、ブログを投稿する医院さんが増えてきています。
ただ、まだまだブログをアメブロやFC2などの外部のブログサービスを使っている医院さんが多いようです。

外部のブログサービスにいくら頑張って投稿しても、医院のHPに新しいページが追加されてることにはならないので、CMSと言われるものをHPに組込んで、ブログを投稿することをオススメします。

そのことについては、以前にこのメルマガでもお伝えしました。
CMSで代表的なものはワードプレス(WP)とムーバブルタイプ(MT)です。

大体、HP制作業者さんに頼めば、3-5万円でやってくれるはずです。
費用は毎月かかるわけではなく、HPに組込む際の1回だけですので、やってない医院さんは今すぐ実行することをオススメします。

次に大事なのはブログのアクセス数をどう増やすかということです。
例えば、スタッフのブログ、院長のブログ。

○○を食べに行った、○○に行ったなど、正直、どうでも良い内容が多いです。
別に、これは私がどうでもいいと思ってるわけではありません。

HPの検索順位を上げていくためには、そのHPのテーマに沿ったページを増やすことが大事だとGoogleさんが言ってるのです。

歯科医院のHPですから、歯科に関連したコンテンツであることが大事なのです。
ですから、もっと歯科に関連したブログをアップするようにした方が検索順位UPに効果を発揮します。

もちろん、「○○を食べた」のような内容もあっていいのですが、そればかりでは検索順位UPの効果は限定的です。

次に、検索順位UPのために重要なのはアクセス数です。
つまり、どれぐらいの人に見られているのかということです。

しかし、医院のブログをどれぐらいの人が見てくれているかというと、意外と少ないのが現実です。
なぜなら、ブログをやってることをほとんどの人が知らないからです。

そういう意味では、既存の患者さんに対しても、医院でブログをやってることを掲示板やチェアサイドのモニターなどで告知をすることは重要です。

なぜなら、ブログをスタッフの皆さんが投稿してくれているとすると、誰からも何の反応もないと「誰も見てくれてない(実際にそうだったりします)」とやる気がなくなってしまい、ブログの投稿が途絶えてしまうからです。

そういう医院では最近の投稿が「明けましておめでとうございます」
その前の投稿が「医院の忘年会やりました」だったりします。

患者さんにも知ってもらい、患者さんから「そういえば、ブログ見たよ」と言ってもらうことで、スタッフのやる気も持続しやすくなるのです。

そして、今回のメインです。ブログのアクセス数を一番、簡単に増やす方法。
それは・・・

投稿したブログの内容をFacebookにUPするということです。

FacebookにUPするのは、院長個人のFacebookアカウントと医院のフェイスブックページ(既にあれば)の両方です。

そうすると、「いいね」はそんなにつきませんが、院長のFacebook上のお友達が着実にブログを見てくれて、アクセス数の向上につながります。

今、Googleさんはソーシャル、つまり、Facebookのようなソーシャルネットワーク経由のアクセスが多いということも、検索順位の評価に加わえてます。

なので、アクセス数のUPだけでなく、ソーシャルからのアクセスという2つの意味で検索順位UPに効果的なのです。

「そうは言っても、ブログが投稿されるたびに、Facebookに内容をUPするのは面倒くさい」という院長先生に朗報です。

実は、ブログがワードプレス(WP)で投稿されていれば、自動的にフェイスブックにUPできるプラグインというものも有料であります。

それを使えば、ブログが投稿されると自動的にFacebookにアップされるのです。HP制作業者さんに頼んでみると良いかと思います。

今回、ご紹介したことを実践すれば、スタッフもブログ投稿に積極的になってくれる可能性がUPしますし、検索順位UPの効果もより期待できます。

是非、実践してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事