マネジメント > 成功哲学・成功法則

なぜ、経営塾に参加し続けるのか?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2017.3.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ある先生から、このように質問されました。

「何で、経営塾には何年も継続して参加し続ける先生が多いんですか? 基本的には同じ内容なんですよね?」

確かに、参加したことがない先生には不思議かもしれないですね。
基本的には同じ内容をお伝えしています。

しかし、講座の内容は1/3は同じですが、2/3は全く異なります。

実践事例の内容、実践事例の解説は毎回、違う内容です。
ゲスト講師の講座も毎回、異なります。
岩渕の講座は基本的に同じですが、違う内容も多く含まれます。

このように基本的には同じ内容のようでいて、実は違う内容であるということも多くの方が経営塾に継続して参加し続ける理由だと思います。

次に、実は高い成果を出し続ける先生ほど、経営塾に継続して参加します。
院長先生自身は3年間ぐらい参加して、後はスタッフの方が参加されるケースもあります。
これと同じようなことはトレーニングジムにも言えると思うのです。
なぜ、マッチョな方はゴールドジムに行くのでしょうか。

ゴールドジムにあるマシンはそんなに他のジムと違うのでしょうか。
もちろん、違いはあるはずです。
しかし、そこまで大きな違いはない。

だけど、ゴールドジムに行くと、他のジムではマッチョな人がひよっこということがよくあるそうです。
そして、ゴールドジムで筋トレしていると、仲間ができるんだそうです。

だから、マッチョな人はゴールドジムに集まるのです。
それと同じことが経営塾にも言えると思います。
経営塾の内容は毎年、半分ぐらいは同じ感じかもしれない。
でも、そこにはレベルの高い人が集まっている。

自分も近くの医院と比べれば、結構、高いレベルだと思ってたけど、経営塾に参加するとまだまだと思った。
だから、あれぐらいのレベルになりたいと自分に刺激を与えるために参加し続けている。

そして、経営塾に参加すると、他では得られない仲間が得られる。
普段、周りには理解も、共感も得られない経営に力を入れることに対して、自分以上に取組んでいる人がたくさんいる。
だからこそ、経営塾には既に地域一番レベルになっても参加し続ける先生が多いのではないかと思います。

そして、見ていると院長先生自身が経営塾に参加し続ける先生が着実に成果をだし、成長し続けています。

あなたも、是非、そんな自分自身の経営面に刺激を与え続けてくれる場に参加し続けることをオススメします。
それが医院経営をより良くしていく上で非常に重要だからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事