マネジメント > 労務・人事評価・採用

魅力のある歯科医院に人は集まる

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2017.6.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよNBAファイナルが始まります。
NBAファイナルとは日本のプロ野球でいうと日本シリーズです。

これまで、激戦を繰り広げてきたNBAを見てきてるだけに、とても楽しみな反面、これで今シーズンも終わってしまうのかという寂しさもあります。

今年のNBAファイナルで対戦するのは3年連続同一カードというNBA史上初の対戦、キャブスVSウォリアーズです。

どちらのチームもシーズン開幕前から優勝候補の筆頭であり、今シーズンのNBAファイナルはこの2チームが対戦するだろうと言われてきました。

そして、どんなことが起きたか?
それは実力のある選手の多くがこの2チームに行きたがったということです。

中には、これまでの年俸を落としてでも、この2チームに入りたいという選手もいるほどです。

もちろん、年俸5億円もらえるところが3億円になるというような私たちとはレベルの違う話ではありますが、それでもなかなか、プロスポーツの中であり得ないことです。

なぜ、そのようなことが起きるのでしょうか?
それはやはり、強いチームに人はひきつけられるということです。

では、なぜ、強いチームに行きたいのでしょうか。

それは強いチームに行けば注目されるし、何より、NBAでは優勝を経験できるチームは極僅かであり、これまでは自分の年俸を追求してきたけど、キャリアの終盤では優勝できるチームに行きたいということがあるようです。

これは一般の人にも当てはまります。
やはり、多くの人が大企業に行きたがります。

大企業に行けばもちろん、安定が得られます。
それだけでなく、大きなことを成し遂げられるという欲求も特に男性は強いです。また、大企業に行くことで世間からの評価は高くなります。

じゃあ、これと同じようなことは大企業でしかできないのかというと、そうではないと思うのです。歯科医院であっても、歯科業界の中で強い歯科医院を作ることができれば、十分にできるのです。
例えば、歯科業界で技術的にとても有名な先生の元には、多少、お給料が少なくても、勤めたいという人が大勢います。

他にも、矯正専門医を持つ院長の元には、無給でもいいから働かせてほしいという人が大勢います。

このような魅力を自分の医院でも形を変えてでもいいので、持つことはできないか、しっかり考えて魅力を作っていくことが今後の強い歯科医院を作るうえで非常に重要だと私は思います。

そして、もう1つ、このキャブスとウォリアーズが多くの選手を引き付ける魅力があります。

それは、自分の魅力、能力、パフォーマンスが引き出されるということです。
NBAの場合、自分でチャンスメイクして、自分で得点できる選手が高く評価されます。

しかし、キャリアが終盤に差し掛かり、身体能力が落ちてくると、これまでのように身体能力でチャンスを作り、得点することが難しくなってきます。

そうなると、NBAの大半のチームでは若手に活躍の場が奪われ、ベンチにいる時間が長くなり、あまり活躍の場が与えてもらえないのです。

しかし、キャブスやウォリアーズのような本当にチームは個人の身体能力でチャンスを作るのではなく、チーム全体でボールを回してフリーの選手を作りその選手がシュートを打つことをするのです。

すると、身体能力は落ちてはいても、これまで活躍してきた選手は味方の選手をフリーにしたり、チームでボールを回すこともできるし、自分がフリーになったら点を決めることもできるので、活躍の場が与えられるのです。

出場時間は全盛期に比べれば少なくなったとしても、スタメンじゃなかったとしても、活躍の場がそこにある。

それがベテラン選手にとっては魅力的なのです。
そして、こういう魅力を歯科医院で作ることも可能なのではないでしょうか。

例えば、出産してブランクのあるDH、Drが活躍できる環境を作る。
ベテランDHでも転職して、ある程度の年収を払える体制を作る。

あなたの医院には人をひきつける魅力がありますか?
もし、ないとしたら、今すぐその魅力づくりに取組むことをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事