マネジメント > 労務・人事評価・採用

ブログに遊びを載せる

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、歯科医院での採用は本当に熾烈を極めています。
衛生士採用だけでなく、歯科助手採用もかなり難しくなっています。

採用力を磨くために、前回も「採用面接時に医院のプレゼンをする」手法をお伝えしました。

今回は面接に来てくれる人を増やすための手法をご紹介します。

この手法は簡単、かつ無料でできて、効果が出る確率も高い手法です。

それは・・・

「スタッフブログに遊びを載せる」

これだけです。

ある意味で、とても簡単なことです。
つまり、スタッフブログを医院で開始して、そこにスタッフの皆さんにブログをアップしてもらいます。

そして、そこにはもちろん、技術系のセミナーに参加したことなどもアップしてもらいますが、それだけでなく、そのスタッフが有給を取って旅行に行ったこと、スタッフ同士で遊びに行ったり、旅行に行ったことをアップしてもらうのです。

求職者は今では、まともな人は必ず、医院のホームページをチェックします。
その時、かなり高い確率でスタッフブログを見るそうです。

そこに、有給を取って楽しそうに旅行に行った写真、ブログがアップされていたらどうでしょうか?

⇒この医院は有給が取れるんだ
⇒この医院は有給を取って旅行に行けるんだ
⇒この医院は仕事だけじゃなくプライベートも充実できるんだ

ということが、話だけでなく、実例で説得力を持った形で現れるのです。
このようなブログを求職者が見て、その医院に面接に来たという事例が最近、増えてきています。

いかにプライベートを充実させるかという人ばかりが集まってしまいそうで心配なところはありますが、正に喉から手が出るほど欲しい人材です。

そのようなきっかけを作ってでも、面接に来てもらうことが必要な状況になっています。

後は、現在は求職者が就職先を選ぶ際に重視するポイントの最上位に「院内の人間関係」が入っています。

スタッフ同士で旅行に行った
スタッフ同士で遊びに行った
スタッフ同士で食事に行った
スタッフと院長で飲みに行った

などなど、院内でのイベントがあった際には、スタッフブログにアップしておくことで、「この医院は院内の人間関係がいいんだな」ということをリアルに伝えることが可能になります。

ただ、スタッフブログをする際には障害があります。
そもそも、スタッフがブログを書くことに対して否定的という障害です。

これは院長とスタッフとの人間関係なので、人間関係があまり良くない状態で無理やり、スタッフにブログを書かせると、かえって人間関係が悪化するのでまずは、人間関係を良くしてから始めることをお勧めします。

人間関係があまり良くないのに、無理やり楽しそうな記事をアップさせることはできないからです。どうしても、イマイチな雰囲気の内容にしかならず、そのような雰囲気は読んでる人も伝わってしまうからです。

ちなみに、弊社でもコーポレートサイトにブログを設置して、会社でのイベントや、旅行などをアップしてもらうようにしています。

このようなプライベートの充実を前面に押し出して、そこで興味を持ってくれた人が見学・面接に来てくれて、そこで医院の魅力・仕事のやりがいを伝えていくことができればいいのではないでしょうか。

まずは、見学・面接に来てくれないことには話始まらないのですから。
また、スタッフブログの中に、技術系のセミナー参加や、症例検討会、院内勉強会などのテーマもアップしてもらえると、良いのではないでしょうか。

スタッフブログ、意外とやっていてもスタッフ自身が

「こんなのやって意味があるのか?」
「誰も見てくれてない」
「なんで、こんなことらやないといけないのか?」

と思っていたりします。
今回の手法をお伝えし、更に、スタッフブログをやる意味を伝えてあげてください。

また、まだスタッフブログを始めていない医院さんは始めるきっかけにしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事