マネジメント > 業務効率化

同じような問題が二度と起きないようにする仕組み発想

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なかなか伸びない医院では、同じような問題が何度も起きます。
そして、そのような問題が起き続けるのです。

たとえば・・・
・スタッフがバイトを捨ててしまい、ごみ箱をあさる

・技工物の発注ミスがあり、指定日に技工物ができてない

・滅菌した器具に落としきれてないセメントが付着している

などなど、言い出したらきりがありません。

このような問題が積み重なることで、院長は日々、イライラし、ストレスがたまり、怒ってしまうのです。そうすると、当然、スタッフは辞めます。

この悪循環をどうしたら、断ち切ることができるのでしょうか。
それには明確な答えがあります。

それは・・・

「仕組み発想」をすることです。

同じような問題が起き続ける人には考え方に共通の特徴があります。
それは・・・

・この人が悪い(やる気がない、能力がない、覚えが悪い、手先が不器用など)

・他の人が悪い(教え方が悪い、教える人にやる気がない、教える時間がない)

・環境が悪い(歯科には良い人は来ない、歯科衛生士が少ない、採用が難しい)

このようにミスをする本人、教える人、環境が悪いと言っても、問題は全く改善しません。仮に、目先、その問題を解決したとしても、根本的な問題は何も解決していないので、同じような問題必ず、起きます。

だから、同じような問題が起き続けるのです。
根本的な問題は何なのでしょうか?

それは採用が悪いのかもしれません。
教え方が悪いのかもしれません。
本人が正確に覚えてないからかもしれません。

では、そのような問題が二度と起きないようにするためにはどうしたら、いいのでしょうか?

そのような仕組みを作るためにはどうすればいいのでしょうか?

このような「仕組み発想」を常にするようになったときに、医院のレベルは上がっていきます。

目先の問題解決ではなく、根本的な問題解決を図るようになったときに、医院のレベルが上がっていくのです。

・もっと良い人を採用する方法とはどのようなものなのか?

・もっと新人スタッフがきちんと仕事を覚えるようになるためには、どのような教育をすればいいのか?

・新人スタッフがきちんと覚えてるかどうかを確認するには、どのような方法を採ればいいのか?

このような発想で起こった問題に対処してみてください。
そして、今、目の前で起こってる問題はそのようなことをあなたに教えるために起こったのです。

そして、その問題を起こした人はそのようなことをあなたに教える役割が
あったのです。そのように考えてみましょう。

そして、その人に対して、「そのようなことを教えてくれてありがとう」
そう思えるようになったときに、あなたの医院は確実に良くなっていくと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着