マネジメント > 業務効率化

正しい答えを出せばいいのか?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの人は正しい答えを出せば良いと思っています。
もちろん、正しい答えを出すことは大事です。

学校の問題は正しい答えを出せば正解です。
しかし、経営においての問題は表面的な問題しか分からないのです。

例えば、待ち時間が長い

という問題は目の前で起きてるので分かります。
しかし、その本質的な問題がどこにあるのかは分かりません。

いえ、ほとんどの人は本質的な問題かどうかをあまり考えずに、スタッフの
動きが悪いからだ、受付のアポの入れ方が悪いからだと決め付けてしまって
ます。

先ずは、目の前の問題を見たときに、本質的な問題はどこにあるのか?
をしっかり考えて、その本質的な問題解決に取組むようにしないと間違った
問題に正しい答えを出すと、間違った結果が出ます。

例えば、先ほどのスタッフの動きが悪いからだという問題。
確かに、それも問題の1つなので、やっかいなのです。

しかし、スタッフの動きが悪いからといって、スタッフに「動きが悪い!」と
怒っても、問題が解決するどころか、スタッフのモチベーションが下がりかね
ません。

本当はスタッフはかなり頑張ってるかもしれません。
動きが悪いのはアポの状況を把握してないからかもしれないし、スキルが不足
してるからかもしれません。

スタッフの動きが悪いことが待ち時間の本質的な問題なのでしょうか?

違うかもしれません。
本当は、患者様が急患で来院し、アポが押してることかもしれません。

じゃあ、どうして急患が増えてしまうのか?
を考えることが大事です。

待ち時間が長くなってしまうということの本質的な問題は医院によって違うの
で、また、考えてみてください。

大事なのは常に、目の前に見えてる問題解決よりも、本質的な問題を先ずは、
しっかり考えること。それと、本質的な問題解決に全力を尽くすこと。

これをどれだけするかで、最終的に成果は大きく変わってきます。

実は、多くの医院が自分の医院がなぜ、成果が上がらないのか?
ということを分かっていません。

また、逆に、成果が出てる医院であっても、なぜ、成果が出ているのか?
という本質的な理由を把握しているケースは非常に少ないです。

もう一度、成果が出ていない本質的な理由、成果が出ている本質的理由を
しっかりと考えてみることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着