マネジメント > 労務・人事評価・採用

面接でいい人材を獲得する方法

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「どのような組織でも、最終的には人である」ということを最近つくづく痛感
しております。素晴らしい人材が入ってきてくれたおかげで、半年後にはス
タッフは少なくなって、ほぼ業績倍増というケースもあります。しかし、多く
の院長にお話をうかがうと、「面接ではどのような人かわからない」「自分の
眼を信用できなくなってきた」「面接慣れしている子を見破るのは難しい」な
どの声をよく聞きます。しかし、最近、私は多くのスタッフとお話しているせ
いか、その人と5分話をしていると、その人がどのような人かだいたい分かる
ようになってきました。そのポイントをお伝えしたいと思います。

———————————————————————-
1.最も重要視するべきポイント

「何を基準にして選べばいいのかわからない」

という声をよく聞きます。歯科医院において、人を採用するときに最も重視し
なければならいポイントは

「院長がその人を好きかどうか」
「これからその人と毎日働きたいと思うかどうか」

です。簡単です。

大半の歯科医院さんはまだ組織規模も大きくないでしょうから、そのような小
さい組織で大切なのはトップと相性が合うかどうかです。ここを外して、無理
に採用すると、後で結局は上手くいかないことになりますので、注意してくだ
さい。

———————————————————————-
2.人財の特性

できる人、つまり、人財には共通点があります。それは下記のように整理され
ます。

【人財の共通点】

1.これまでに努力してきた経験と実績がある

「努力する才能」というのは家庭環境とこれまでの育ちに大きく左右さ
れます。これから身につけさせることは困難です。ですから、重要なポ
イントです。

2.仕事を通した将来の目標が高い

人生の目標が高くない人は、目の前の小さい問題につまずきがちです。
将来目標が高い人の方が医院と一緒に頑張ってくれます。

3.将来の目標に向かって行動している

世の中、口だけの人というのはたくさんいます。面接では口頭での説明
しか聞けません。ですから、実際に行動しているかどうかは非常に重要
です。

———————————————————————-
3.採用してはいけないタイプ

やはり、採用すると失敗するタイプというのはいます。それは、以下のような
タイプの子ではないでしょうか。

●会って話していると、フワフワしたような印象を受ける、芯の強さを感
じない子
●顔がカワイイだけで、これまで何も頑張ってきていない子
●気が強すぎる感じがする子(気が強いことは悪いことではありません)
●笑顔が少ない、笑い方が不自然な子
●素直さが感じられない子

———————————————————————-
4.面接のときはこれを聞く!

面接のときに、必ず聞かれるのが「志望動機」と「自己PR」です。しかし、
これは必ず、聞かれることなので面接を受ける側というのは必ず準備してきて
います。ですから、これは参考程度に考えなければなりません。人財かどうか
を見抜くためには、以下のような質問をし、その答えを深く掘り下げることを
オススメします。聞かなければいけないのは、見なければいけないのは、

「本当はその人はどういう人なのか」
「どういう考え方をする人なのか」

です。また、言ってる内容だけでなく、答えているときの「表情」「目つき」
「声のトーン」も大切なポイントですので、見るようにして下さい。

深く掘り下げていくときの質問は以下の2つです。

1.「具体的にいうとどのようなことですか?」
「具体的にはどのようなことですか?」

2.「何故、そのようなことをした(考えた)のですか?」
「何故、○○しなかったんですか?」

【具体的質問とポイント】

□ 将来なりたい自分はどのような自分ですか?

将来の目標を聞いてます。具体的かどうか、仕事と関連してるかどうか
が重要です。

□ 将来なりたい自分になるために今、頑張っていることは何ですか?

その人が具体的に何を行動してるかが大切です。

□ 何故、それをやろうと思ったのですか?(何故、現在何もやってないの
ですか?)

その人の考え方を聞きます。

□ 高校生のときは何をしていましたか?

高校生のときに、アルバイトをしていたのか、クラブ活動をしていたの
かは重要なポイントです。体育会系出身の人のほうが人財は多いようです。

□ そのアルバイト(もしくは部活)から何を学びましたか?

アルバイトから勉強できることは実際に、多くあります。しかし、学ぶ
姿勢を持っていなければただ単なるお小遣い稼ぎです。どのような姿勢
で取組む人なのかを見ます。

□ アルバイト(もしくは部活)からそのようなことを学んだエピソードを
教えて下さい。

このような時に、答えに詰まってくるようですと、適当に応えている可
能性があります。また、答えに詰まったときの表情や態度も重要です。

□ これまでに頑張ってきたものは何ですか?

頑張った経験が誰にでもあるはずです。それを聞くことで、その人がど
れくらい頑張れる人なのかを見ます。

□ どのようにそれを頑張ったのですか?

具体的な取り組みを聞き、感心できるものがあるかを見ます。

□ 尊敬する人は誰ですか?また、その理由は?

これも最終的に自分がどのようになりたいかと同じことを聞いてます。

□ 最近、読んで面白かった、勉強になった本を教えて下さい。

人財は本を読んでます。

~これ以降は歯科業界経験者向けの質問~

□ 前の職場を止めた理由

これは、用意された答えが出てくるので参考程度に聞きます。

□ 自分が医院のために役立てることは何か?

自己PRをしてもらいます。

□ 患者さんと接する際に気をつけていること

院長の考え方と合うかどうかを確認します。

□ どうしたら医院を良くすることができると思うか?

「医院を良くするには」ということを考える人なのかを見ます。院長か
ら見て、「それじゃ医院は良くならないよ」と思うような甘い考えか
どうか。

□ 自分の技術を高めるためにこれまでにやってきたこと

テクニックを磨くために、自分でお金を出して講習会に行くぐらいの気
概を持っているかどうか。

———————————————————————-

以上は、質問の一例ですので、各医院でアレンジしてもっと良い物を作り上げ
てください。

その方の本当の姿を見るためには、やはり、「実地研修」のような期間を1ヶ
月程度設けて、正式に雇用するのはそれからという方法もありますので、参考
にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事