マネジメント > 労務・人事評価・採用

採用もマーケティングであり、営業だ

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

採用が明らかに難しくなっていることは前回のメルマガでもお伝えしました。
これからはどう患者さんを増やしていくかだけでなく、明らかに、良い人材を
いかに獲得するかという競争になってきます。

これはもちろん、同じ歯科医院同士でも激しい競争となり、歯科医院と中小
企業との戦いでもあるのです。

こうなってくると、いかに自分の医院が魅力ある職場なのかということは
患者数を増やす以前に非常に重要になってくるのではないかと思います。

そして、これまでは待ちの姿勢で、求人票を出しり、求人広告を出して、
応募があった人に面接する形でした。

しかし、これが大きく変わると思います。
いかに採用プロセスの中で、医院の魅力を伝えられるかが重要になってくると
思います。

そして、その人にとって本当にベストなのはどういう職場に勤めることなのか
を話し合うのが面接になるかもしれません。

その中で、自分の医院がふさわしいのであれば、就職することになるかもしれ
ませんし、そうでなければ、就職することはない。

そんな感じになるかもしれません。
ですから、いきなり、面接で「志望動機は?」なんて聞くことはこれから10
年後にはもう、ないのかもしれません。

それよりも、
「これから、どういう風になりたいのか?」
「何を実現したいのか?」
「あなたが人生や職場に望んでいることは何か?」

ということを聞いて、その上で、自分の医院がどのように役立つことができ
るかを医院がプレゼンする。

そんな時代になっていくのではないでしょうか。
そして、それができない歯科医院は人材獲得競争に敗れてしまう。

そんな時代になるかもしれません。
今から、医院の魅力を増して、伝えられるようになっていくことが医院の
未来を作ると思って、是非、取組んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着