マネジメント > 労務・人事評価・採用

有期雇用契約にしよう

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、明らかに増えている労務トラブル。
労務トラブルが増えることについてはもう5年以上前から、
歯科医院地域一番実践会では予見していました。

その対策のために、経営塾アドバンスのゲスト講師に労務に特化したゲスト
講師を3年連続でお招きしたほどでした。

しかし、やはり、人間はトラブルが表面化しなければ、行動にはなかなか
移さないものです。

対応が遅れた医院で、労務トラブルは私が歯科医院専門でコンサルを始めた
17年前には見られなかったような労務トラブルが頻発しています。

労務トラブルは主に3つです。

1.残業代未払い請求
2.有給休暇の取得や日数に関するトラブル
3.解雇に関するトラブル

一般企業では1と3が非常に多いです。
しかし、歯科医院の場合には1と2が多いです。

そんな現状もあり、歯科医院では医院としては辞めてほしい人は大体、自分
から退職することが多いため、あまり対策を練っていないのです。

しかし、世間一般では能力不足ややる気不足で会社としては解雇したいんだけ
ど、本人は解雇されたら次の就職先がないことも分かってるので解雇されたく
ないというトラブルが非常に多いのです。

しかも、日本は世界でも類を見ないほど解雇規制が厳しいため、アメリカだっ
たら絶対に即時解雇されるような事例でも、絶対に解雇が認められません。

そのような状況を考えると、そうなってからでは遅いのです。

特に解雇に関しては、やる気もない、能力もない、ミスも連発する、だけど、
仕事は真面目にやってるというケースが増えているのです。

そのような真面目だけど、仕事は全然、できない。
このようなパターンでは解雇できる要素が現在の日本では皆無なのです。

いくらどんなにミスをしようが、機械を壊そうが、医院に迷惑をかけようが、
そんなことは関係ない。とにかく、雇った経営者が悪いのです。

能力不足がわからなかった経営者が悪い。
能力不足を改善するようにしっかり指導しない経営者が悪い。

とにかく、国(法律は解雇を認めています)は絶対に解雇させないのです。
しかし、そんなことをいわれても困ります。

どう考えても、やる気がないのも、能力がないのも、ミスを連発するのも、
本人の問題です。

しかし、それを普通に雇用していたのでは解雇はできないのです。
もし、不当解雇ということで訴えられたり、労基署に行かれたり、労働組合に
加入されようものなら、ノイローゼになるぐらいのトラブルになります。

そうならないためには、どうしたらいいのか?
答えは簡単です。

試用期間は有期雇用契約にするのです。

その前に、ちゃんと雇用契約書を交わしてますでしょうか。
もし、それさえもちゃんとやってなかったら絶対に今すぐ、やるべきです。

多くの医院では「試用期間は3ヶ月」としていますが、これは言ってるだけで
す。何の法的効力もないのです。法的には試用期間で能力不足で終了とできる
のは2週間です。

それを超えると解雇ができなくなるのです。
しかし、たったの2週間ではあまり分かりません。

ですので、有期雇用契約にするのです。
期間は3ヶ月、4ヶ月、6ヶ月のいずれかがいいかと思います。
その医院で新人スタッフを見極められる期間で契約すればいいかと思います。

できれば、雇用契約書に医院の定めたルールを守れない、クリアすべき基準を
満たせてない場合は契約終了になるということを明記しておくと良いですね。

しっかりと契約期間が明示されていれば、その期間で契約終了となっても、
トラブルに発展する可能性は低いですし、トラブルになったとしても被害を
最小限で抑えることができます。

また、私はあまりオススメはしていませんが、有期雇用契約から無期雇用契約
に切り替えるときに補助金ももらえます。

このような話をするとスタッフから反発されるのではないかと心配される先生
がいらっしゃいますが、以下のように伝えていただければ大丈夫です。

「試用期間中は有期雇用契約となります。試用期間中の課題をしっかりクリア
すれば期間の定めのない無期雇用契約になりますので安心してください」

※できれば、面接時にも説明をして、再度、雇用契約書を交わす歳に説明する
とトラブルになりづらいと思います。

また、有期雇用契約を3ヶ月で交わしたんだけど、まだ試用期間中の課題もク
リアしきれてないから、試用期間を延長したいという場合は再度、3ヶ月ぐら
いで有期雇用契約を交わせば大丈夫です。

※有期雇用契約が通算5年となると、無期雇用契約に移行しなければいけない
ルールとなっております。

有期雇用契約は医院を守るために、非常に有効な方法です。
今後も労務トラブルは増加する一方だと思います。

トラブルになってから対処するのではなく、そうなる前に対処することを
オススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事