マネジメント > モチベーションアップ

本当に聞くべきは誰の言葉か?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

院長先生の周りにいる人の大半はYESマンです。
そりゃ、そうです。誰だって嫌われたくありません。

院長先生がああしたい、こうしたいと言えば、「そうですか」と言います。

だって、業者さんだって、税理士さんだって、誰だって、自分の仕事を失い
たくないですからね。反対して、嫌われたら大変です。

スタッフだって、そうです。
本音では「えー、マジですか!?」と思っても、面と向かっては
「それはおかしいと思います」とは言いません。

スタッフルームで言うんです。

この時、彼らが考えてることは「本当に医院のためになるかどうか?」では
ありません。

長期的視点、大局的視点で医院のことを考えて、本当にそうした方がいいのか
どうかを考えられる人が身近にいる院長先生は幸せです。

そのような人の言葉にこそ、耳を傾けることができる院長先生は伸びます。
しかし、「良薬は口に苦し」というように、本当に医院のため、院長先生の
ためを思った言葉は耳障りがよくありません。

反対されたり、意見された院長としては面白くないのです。
その時、院長の力量が試されます。

そのような本当に医院のためを思って発言してくれてる人を切ってしまうのか
それとも、そのような人の言葉に耳を傾けることができるのか

どちらを選択するかで、医院の未来は大きく変わってきます。
あなたは今年、どちらの選択をしてきましたか?

あなたが本当に大切にするべき人はどちらの人なのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事