マネジメント > モチベーションアップ

お昼休みにDVD鑑賞会をする

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの院長、女性スタッフが共通して悩んでることがあります。
そして、多くの方から、このように質問されます。

「どうやったら、モチベーションを高く保つことができますか?」
「岩渕さんがモチベーションを高く保つためにやってることはなんですか?」

私が以前から、意識的にやってることがあります。
それは・・・

「自分より、スゴイ人がどんなことを考えて、どんなことをやってるか知る」

ということです。

これをすると、
「こんなスゴイ人がいるんだなー」
「自分も頑張ってると思ってたけど、全然、まだまだだなー」
「世の中のために、こんなに真剣に頑張ってる人がいるんだー」
「そうかー、そういう考え方があったかー」

と自分自身を見つめ直したり、新しいやり方・考え方を検討するとても
いい機会になるのです。

スゴイ人の結果だけ見ても、何がすごいのか、どうしてその人はそんなに頑張
れるのか、どんなことを考えているのか、どんなことをしているのかというこ
とは分かりません。

ニュースは結果を伝えているだけです。
そのプロセスはそこには現れてきません。

しかし、自分がスゴイ人に一歩でも近づき、自分もスゴイ成果を出すためには
そのプロセスを知らなければいけないのです。

そんなスゴイ人の結果や成果だけでなく、スゴイ人の思考や行動のプロセスに
焦点を当てているテレビ番組があるのです。

そんな良質なコンテンツを私もできるだけ見るようにしています。
そういうスゴイ人を見ると、「自分もまだまだだ!」「こんなスゴイ人がいる
んだから、もっと頑張ろう!」と気持ちを新たにできるのです。

そんな良質なコンテンツを提供してくれているのが
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」
TBS「情熱大陸」
TBSニュースバード「CBS60ミニッツ」
WOWOW「ノンフィクションW」
です。

私がこれらの番組を見て、「これはいい!」と思った良質なコンテンツの
一番絞りを私がDVDに自宅で焼いて、うちの会社で週に1回、お昼休みに
事務所でいるメンバーで見て、ディスカッションしています。

これらの番組を本来であれば、自分で自主的に見てほしいのですが、なかなか
そうも行かないようなので、スタッフが自主的にこの取り組みを始めてくれま
した。

やはり、良質なコンテンツに触れることで、うちの実践会メンバーも新しい
考えに触れたり、刺激をもらっているようです。

また、全員でディスカッションする機会にもなっているので、良いです。
この取組は実践会だけでなく、既にいくつかの医院で実践されていて、その
ほとんどの医院で一定の効果が出ています。

もちろん、この取組だけで大きな成果が出るわけではないのですが、一定の
成果は見込める取組です。

ただ、院長とスタッフとの信頼関係がある程度、取れてないとできない取組
ですので、そこは注意が必要です。少なくとも、月に1回はミーティングを
実施できてないと難しいかと思います。

また、院長先生が無理やり、やらせても逆効果なので、医院の中心となる
スタッフにこの取組を提案して、「いいですね、やりましょう!」と理解
してもらえ、その中心となるスタッフから全体に提案してもらえるとベスト
だと思います。

ほとんど、お金もかからずにできる取組なので、やってみてはいかがでしょう
か?お昼休みにスタッフがスタッフルームでドロドロのドラマを見ても何も
人生にプラスはありません。

医院にも、何もいいことはありません。

しかし、新たな刺激を与えてくれるような良質なコンテンツを皆で一緒に
見て、それについてディスカッションする機会はスタッフの人生にも、
医院にも大きなプラスとなって返ってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着