マネジメント > モチベーションアップ

理念なんかいらない

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある先生がこうおっしゃってました。

「理念を語れば語るほど、スタッフが引いていくんです」

先に申し上げておきます。
私、理念は超重要だと思ってますよ。

うちの会社でも、理念はしっかり作って、スタッフにも浸透するようにして
います。

しかし、じゃあ、なぜ理念は必要なのでしょうか?

様々な理由がありますが、色々な文献を調べても、一番、多い経営理念の
必要性は「社員の判断・行動の指針となる」です。

これはある程度、社員の数が多かったり、店舗数・拠点数が多い場合です。

院長が全てを把握していて、全て目の届く範囲でやっている。
しかも、ほとんどの業務が院長の指示・命令で動いてるとしたら?

これでも、理念が必要でしょうか?

そうなんです。このような医院の場合、あまり医院の理念は必要ではない
のです。

じゃあ、どんな時に経営理念が必要なのか?

・医院が大規模化して、院長の目が行き届かなくなったとき

・分院を出して、分院に院長の目が行き届かないとき

・スタッフのやる気が出て、自主的に判断・行動する機会が増えたとき

つまり、世の中の大半の医院では理念がなくてもやっていけちゃうのです。
その証拠に、先生の医院のスタッフに聞いてみてください。

「うちの医院の理念は?言ってみてくれる?」

と聞いてみてください。90%以上のスタッフが答えられないと思います。

しかし、それでもそんなに問題が起きてないですよね?
それは先生がほとんどの指示を出しているからです。

そんな中で、変に『ビジョナリーカンパニー』などを読んで、理念を語り
出すとどうなると思いますか?

冒頭でご紹介した院長のようにスタッフが言えば言うほど、スタッフが引いて
行くことになるのです。

なぜだと思いますか?

それは医院の中に理念以前に改善しないといけないことがたくさん、残ってる
からです。

例えば、理念が「患者様とスタッフの笑顔と幸福を追求する」だとします。

それなのに、アポはいつもギチギチで、急患も全部、受入れていて予約どおり
に来た患者さんも30分待つのは当たり前。

お陰で、受付はいつも患者さんから文句ばかり言われている。
当然、診療も伸びるのでお昼休みは30分も取れない。
スタッフの帰りは定時よりもいつも1時間以上、伸びている。

スタッフは疲弊しきっている。
しかし、院長はそれを見て見ぬふりをしている。

「患者さんがいるんだから仕方がない」と。

そして、疲れてミスをするスタッフにイライラし、時には怒る。物に当る。
カルテを受付に投げつける。

それで、理念を語られたら、スタッフはどう思うでしょうか?

そうなのです。
ワンマン院長の医院では変に理念なんかない方がかえって上手く行くのです。

ワンマン院長が必ずしも、悪いというわけではなく、それが必要な段階もある
のです。

しかし、院長一人に依存するのではなく、スタッフ中心で皆が主体的に考えて
皆で医院を良くしていこうと思えば、そこには判断・行動の基準となる理念が
初めて必要になるのです。

そして、理念を作り、理念を語る前にやらなければならないことがあります。

それが不満の解消です。

どんなに崇高で、素晴らしい理念があったとしても、スタッフと医院との信頼
関係ができていなければ、何の意味もありません。

また、理念を作るということはその理念に院長自身も従うということです。

自分の感情や思い付きのままに行動するのではなく、理念に従って行動できな
い(自分を抑えられない)のであれば、理念なんかいらないのです。

また、理念を曲げないためにも、ルールを作ったほうが良いです。

例えば、歯科医院地域一番実践会が最も力を入れているセミナー
「歯科医院地域一番実践経営塾」では、半径1.5キロ圏内に経営塾メンバー
が既にいる場合は本当に入会をお断りしています。

年間30件以上、お断りしているので、年間で300万ぐらいは軽く利益が
吹っ飛んでいます。

しかし、うちの会社の理念から考えれば、それが正しいのです。
しかし、目先の利益を最優先すれば、それは正しくないのです。

先生の医院が目先の利益よりも、本当に大切にするものは何でしょうか。
たとえ、年間1千万円の利益がなくなったとしても、大切にしたいもの。

それを明確にすることです。
そして、それを守れるように、自制できるようにルールを作り、明文化
することです。

そこまで徹底して初めて、スタッフにも伝わるのです。
院長は本気なのだと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着