マネジメント > モチベーションアップ

53歳で医院縮小を考えていた先生がなぜ!?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、経営塾に参加されて、物凄い成果を出し、医院が急上昇している先生と
お話をする機会がありました。

その先生はこんなことをおっしゃってました。

「経営塾に参加する前は自分ももう、53歳で、子供も歯科医師にならないっ
て言ってるし、これから徐々に縮小していこうと考えてたんですよ。

だから、経営塾に参加する前はスマホゲームばっかり毎日、やってました。
それが経営塾に参加してから激変しました。

経営塾に参加したら、皆が頑張ってるもんだから、自分も刺激受けて、頑張っ
ちゃってさ。そしたら、結果が出るもんだから、どんどん楽しくなって、今で
はスマホゲームなんて、一切、やってないですよ。

経営塾参加して、医院が急激に伸びちゃって。
それまでは、自分も地元では結構、やってる方だったし、これ以上、伸ばしよ
うがないと思ってたしね。

刺激がなくなってたんだね。
でも、経営塾に参加すると、皆、スゴイ頑張ってるし、仲間もできるし、成果
が出る方法を皆が教えてくれるし。

本当に参加して良かったですよ」

確かに、53歳で既に、地域一番医院を実現していて、跡継ぎがいなかったら
縮小を考えてもしょうがないのかもしれません。

あんまり拡大しても、誰も継承してくれないのであれば、スタッフも患者さん
も困ってしまいますからね。

しかし、きちんと体制を整えれば、継承できるのではないかと考えられるよう
になったんですね。

そうやって、50歳を過ぎると、気力と体力がだんだん低下してきて、院長
自身がマンネリ化してくる傾向があるように思います。

また、自分自身はそうではなくても、周りの同級生とかがそうなってるので、
自分自身のモチベーションが上がらないのです。

そんな院長自身が目的・目標を見失い始め、マンネリ化を感じ始めているので
あれば、経営塾への参加が絶対にオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着