マネジメント > 成功哲学・成功法則

強いチームは●●が強い!

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のNBAを見ていると、1つの変化を感じます。
以前は
・マイケル・ジョーダン
・コービー・ブライアント
・レブロン・ジェームス
といったスーパースターがいるチームが優勝することが多かったのです。

また、BIG3といって、スーパースターを3人集めるとチームが優勝する
という神話もありました。

しかし、最近ではBIG3を形成したからといって優勝するとは全く言えない
状況になってきました。

では、優勝するチームはどのようなチームか?
それはスタメンが強いのは当たり前。

そうではなく、セカンドユニット、つまり、控えメンバーが強いのです。
バスケでは、スタメンの選手を休ませる必要があるので、休んでる間に
1人か2人、控えの選手がプレーするのが一般的です。

しかし、最近の優勝するチームはこのような形態ではなく、スタメンを休ませ
て控えメンバーにも活躍の場を与えるために、スタメンを全員ベンチに下げ、
控えメンバー5人がプレーする時間が長い。

そして、控えメンバー5人がプレーすることで試合の流れを変えたり、点差を
広げたり、点差をつめたりすることが出来るチームが優勝するのです。

じゃあ、これは歯科医院でいうと、どのようなことか?
それはスタメンに当たるのが歯科医師。
セカンドユニットに上がるのがスタッフです。

歯科医師が良いだけではなく、スタッフが良い。
こういう歯科医院が強いのと同じだと思うのです。

歯科医師だけが患者様からの信頼を獲得するのではなく、スタッフが患者様
からの信頼を得て、患者様の口コミをうんでいく、自費へとつなげていく
そんなことができる歯科医院。

こんな医院になったら、それは強い歯科医院が出来ますよね。

これは口で言うのは簡単ですが、このようなチームを作り上げることは実は
NBAだって至難の業なのです。

なぜなら、NBAにはサラリーキャップというチームが選手に払える年俸の
上限が設定されているからです。

また、スタメンを張るような一流の選手は自分がプレーする時間、それに
よって結果を残し、高い評価=高い年俸をもらいたいという欲が非常に強い
からです。

では、NBAでも、そのような強力な控えを要するチームを作れてるのは
どのようなチームか?それには共通点があります。

・スタメンの選手が自分が点を取ることではなく、チームが勝つことを優先
できる

・そのために、自分以外の選手にボールをたくさん回し、チャンスを作ること
ができる

・チームのバスケット、ヘッドコーチの考え方、人柄に魅力がある

・チームにスターはいるけど、スーパースターといえるほどの選手がいない

・他に良い選手を集めるためなら、チームのスターが自分の年俸を下げること
を厭わない

これらを歯科医院に置き換えると、以下のようになるでしょうか。

・勤務医の先生が自分が保険点数を上げることではなく、医院がよくなること
を優先できる

・そのために、自分以外の歯科医師の先生、衛生士さんに患者さんをたくさん
回し、チャンスを作ることができる

・医院の治療技術、院長の考え方、人柄に魅力がある

・医院に技術的に優れた勤務医の先生はいるけど、月1千万の医業収入を
上げるほどの先生はいない

・他に良い歯科医師やスタッフを集めるためなら、副院長クラスの先生が自分
の収入を下げることを厭わない

あなたの医院は上記にどれくらい当てはまっていますか?
それとも、院長という一人のスターに依存してるチームでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事