マネジメント > 成功哲学・成功法則

経営者が死んでも、誰も責任を取ってくれない

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある院長先生が本当に悲しいことに脳梗塞で倒れてしまいました。
幸いなことにリハビリを経て、仕事に復帰することができました。

しかし、復帰はできたものの、以前のように1日30人も診ることはできま
せんでした。

やはり、夕方などになると具合が悪くなってしまう日々が続きました。
そこで、診療時間を短縮することにしました。終りを30分ほど早めようと
したのです。

そうしたら、スタッフが何と言ったか?

「残業代が30分、減ってしまうから止めてくれ!どうしてくれるんだ!」

基本給が減るんじゃないんですよ!
残業が1日30分減るから困るって言うんですよ!

そこで、色々と検討した末、残念ですが、医院を閉院することにしたのです。
このまま続けると、また倒れてしまうと思ったからです。

一度、ゆっくりし、しっかりと回復させ、家族とも時間を過ごせるように
しようと思ったからです。

それをスタッフに伝えたところ、こう言われたそうです。

「先生は私たちのことを考えてくれたんですか?」

私はこの話を聞いて、怒りで一杯になりました。
院長を殺す気か?と。

診療時間を短縮しようとしたら、残業代が減るから止めてくれ!
医院を閉めようとしたら、私たちのことを考えてくれたのか!

じゃあ、そのまま、診療して再び、院長が倒れて亡くなってしまったら
誰が責任を取ってくれるのでしょうか?

ワタミなどの過労死の問題は確かに、辛いことではあります。
じゃあ、経営者が従業員に無理やり、働かされて亡くなったら?
無理やり、働かせた従業員は補償をしてくれるのでしょうか?

そんな人が死んでしまうかもしれない状況に追い込まれているのに、
そんなひどいことを人って言えるのか?人はそこまで残酷になれるのか?
と呆然としてしまいました。

経営者が働きすぎで死んでしまっても、誰も責任を取ってくれません。
むしろ、責任を問われるだけです。

ご自身の健康管理をしっかりされて、日ごろから食生活の改善と適度な運動を
されることをオススメします。

倒れた先に、こんな悲劇が待っているとは私は思いませんでした。
もちろん、しっかりとした仕組みを作り、人を育成していれば、ここまでの
事態にならずに済みます。

しかし、それは稀です。
大半はこのように悲しい事態になるのだと思います。

もし、今、あなたが倒れてしまったら、あなたの医院はどうなりますか?
閉めないといけないですか?

復帰しても、今までどおりにはできない、診療時間を短縮するときにスタッフ
はなんと言いますか?

医院を閉めないといけないときにスタッフは何て言いますか?

よく、自分が死ぬときに、お葬式で誰がどんなことを言ってくれるか?

ということを考える演習がありますが、それと同じように自分が倒れた時、
医院を閉めないといけなくなったときに、誰がどんなことを言うか考えて
おくことは大事なことなのではないでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事