マネジメント > スタッフ教育

スタッフのレベルが医院の評価を決める!

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、お寿司を家族で食べに行きました。
結論から言うと、美味しかったです。
10点満点でいうと、8点ぐらい。

しかし、私たちのそのお店に対する評価は7点に届かないぐらいでした。

なぜか?
それは店員さんのレベルが低かったからです。

どんな感じだったかと言うと・・・

・お寿司のコースがあったので頼みました。しかし、そのコースの中に
にぎりの「うに」が入ってなければ別注文しようと思って確認すると、
「確認してきます」と言って5分以上、戻ってこなかった

・その他にも、明らかに料理の内容を把握してない態度

・着物を着てるのに、ブレスレットを3つぐらい腕にしている

上記から、総合すると、こういう評価になります。

「味は美味しいけど、店員さんが良くないよね。
きっと、バイトの大学生かなんかだよ。
もしくは、プライベートが優先されてる人。

そんな人を店員にしてるなんて、もったいないよね、あのお店」

これは別に、お寿司屋さんだけではありません。
歯科医院だって、同じです。

いくらどんなに院長が技術に力を入れていても、どんなにマイクロスコープで
根治をしていても、スタッフが、受付の態度が悪ければ、院長のこだわりを
把握してなければ、患者様からは「大丈夫?」と思われるのです。

そして、いくら院長の技術が10点満点中8点だとしても、スタッフの態度が
悪いだけで、その評価を下げてしまう要因となるのです。

しかし、それだけの影響力があるということをお寿司屋さんの店員さんは自覚
していたでしょうか?間違いなく、していないと思います。

それと同じように、女性スタッフも自分の身だしなみ、態度、返答が患者様の
医院の評価に大きく反映されてるという自覚がないために、プライベート優先
になっしまっているかもしれません。

そのような自覚を持ってもらうような話を是非、女性スタッフにされてみては
いかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事