マネジメント > スタッフ教育

ノームはこうして作られる

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のポケモンGOブームで歩きスマホの問題がクローブアップされてるのは
非常に良いことだと思います。

歩きスマホを禁止が法制化されるべきだと思います。

しかし、歩きスマホが禁止されても、きっと有名無実化すると思います。

なぜなら、歩きタバコも、自転車乗りながらのスマホ操作、自転車乗りながら
音楽を聴くことも禁止されてるにもかかわらず、全く取り締まられてません。

これがノームを生むのです。

法律や条例で明確に禁止したのであれば、きちんと取り締まらないと、そして
そのような些細なことからしっかり取り締まらないと、大きな事件や事故を防
ぐことはできないのは明かです。

歯科医院でも、同じようなことが起こります。

「こうしよう」とか「髪の毛の色はこれぐらいで」と決めたのに、それが守ら
れていない。

そういうことから「どうせ、決めても守られないから、守らなくていい」
というノームが形成されるのです。

そして、歩きタバコや自転車スマホと同じように、「どうせ、守らなくても
罰則がないから別にいいや」となるのです。

そういうノームが形成されてから、それを打破するのは本当に難しいのです。

歯科医院でも、小さいことから決めたルールをきちんと守らせていく。
その積み重ねが大きな問題を未然に防ぐことになるのです。

大きな問題が起きないように努力することよりも、小さい決め事・ルールを
どれだけ守らせるようにできるか努力することの方が効果が大きいのです。

あなたの医院には、決まったけど守られてない小さい決め事・ルールがどれ
くらいあるでしょうか?

ただ、それを今から「これをちゃんとやるように」と言ってもほとんど無駄
です。一度、形成されたバイオフィルムが歯ブラシでは落ちないのと同じよ
うに、一度、形成されたノームはそんな簡単には壊せないのです。

医院によって状況が違いますが、まずはきちんと決め事・ルールを明文化する
つまり、マニュアル化することが大事です。

そして、それを新しい人から徹底していく。
そうすることで、時間をかけながらノームを破壊していくことしかできないと
私は思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着