マーケティング > 患者様満足度アップ

抜歯した患者さんに夜、お電話をする

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院において、電話の応対は非常に大事だというのは、皆さん、ご存知の
ことと思います。

しかし、「大事だ」とはわかっていても、気持ちのいい応対、痛んだ患部を癒
すような電話応対に出会うことは滅多にありません。

ということは、この電話応対、せめて、電話に出る時だけでも、気持ちのいい
応対を心がけることで、他の医院との差別化が図れるのではないでしょうか。

是非、皆さんも、考えてみてください。

———————————————————————-
今回は、患者さんから電話がかかってきた時ではなく、こちらから電話をかけ
るという手法です。

かかってきた時よりも、こちらかけるほうが、「待ち」の姿勢でないですから、
より、素晴らしい電話応対が出来るはずです。

では、どのような方に、かけるのかというと、

「当日、抜歯した患者さん」

です。

このお話をすると、ほとんどの方は、

「いや、うちは特に気になる患者さんには電話をかけてますよ」

と言われます。

それではダメなのです!

なにがダメか?

・院長が電話をかけていること
・全員にかけていないこと

以上の2点がダメな理由です。

———————————————————————-
【院長が電話をかけるのがダメな理由】

院長が電話をかけると、よっぽどの人でない限り、継続しません。

また、院長の気分次第で、

「まっ、いっか」

とか

「今日は、歯科医師会の集まりがあるし」

ということで、やる時とやらない時が出てきてしまいます。

また、院長は忙しいですから、少ない人数にしかかけることが出来ません。

せっかくファンの患者さんを作るチャンスを限定してしまっているわけです。

———————————————————————-
【全員にかけていないのがダメな理由】

「抜歯後のお電話」をすると、ほとんどの患者さんが喜びます。

「わざわざ、お電話いただきまして、ありがとうございます」

と。

患者さんは、本当は、全員が

「自分を大切に扱ってほしい」

と思っています。

そして、患者さんが必ず、不安になるのが

「抜歯したとき」
「外科処置をした時」

です。

この不安な時に、不安を解消するお電話を差上げることは、ファン患者さんを
作る活動に他ならないのです。

「心配ない患者さん」
「特に気になる患者さん」

というのは、患者さんが判断していることではなく、医院が勝手に判断してい
ることです。患者さんは、毎日抜歯されているわけではありませんから、簡単
な抜歯でも不安になるものです。

これからの医療に求められるのは、

「治ればいい」

ではなく、

「不安を除去する、安心感を与えてくれる」

ということだと思います。

不安を解消するために、様々な情報も求められるわけです。

———————————————————————-
【抜歯後のお電話の方法】

●誰が電話するのか?

受付スタッフにしていただくのが良いでしょう。

●いつするのか?

夕方もしくは夜にまとめてお電話するのが良いでしょう。

●どのように言うのか?

「今日、抜いた歯はその後、痛みとか出血が止まらないといった症状やどう
していいかわからないといったことはございませんか?
歯を抜いた後に、どうしていいかわからないで困られる方が多いので、
ちょっと心配になってお電話いたしました。」

と言ってもらえば良いでしょう。

———————————————————————-
【抜歯後にお電話することによる意外な効果】

抜歯後にお電話をすると、患者さんはほとんどの方が喜びます。このお電話を
スタッフにしてもらうと、スタッフも喜ぶのです。

やはり、感謝されるということは、誰でも嬉しいものです。スタッフのモチ
ベーションアップの効果もあるのです。

———————————————————————-
患者さんも喜ぶ、スタッフも喜ぶ、患者さんがファンになってくれて医院も喜
ぶ、お金も時間も大してかからない、こんな簡単で効果のある手法です。

皆さん、是非、やってみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着