マーケティング > ホームページ

SEO対策って、なんだっけ?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「SEO対策」。

以前は「SEO対策って、なんですか?」という院長先生が多かったですが、
今ではすっかりSEO対策も定着しました。

しかし、多くの人が未だにイメージする「SEO対策」というのはいかに多く
のリンクを自分の医院HPに貼ってもらうかというものでした。

しかし、これが大きく変わってきています。
今では、リンクの数や、リンクの質ではなく、いかにそのHPにアクセスが
あるのか?

これが検索順位を決める大きな要因となってきているのです。
それと、以前から申上げているコンテンツの量とコンテンツの追加の頻度。

ですから、長期的に見ると外部からのリンクをどう増やすかよりも、どう
自分の医院HPのコンテンツを充実させ続けるかをしっかり考え、それに
取り組んでいくことがSEO対策になっていくのです。

この傾向は以前から、明らかに強くなっていってます。
今後も、この傾向が変わることはあまりないと思います。

そうはいっても、外部のSEO業者にお金を払えば、SEO業者がリンクを
医院HPに貼ってくれたり、そこにアクセスを大量に流入させたりして、
検索順位が上がっています。

しかし、それはドーピングみたいなものです。
一時的には効果があります。
しかし、それをやり続けると、自分で検索順位を上げる力がなくなります。

また、Googleにそれを発見されると大きなペナルティを食らう可能性が
高いです。

ですので、以前は効果的で、問題のなかった相互リンクでさえも、今は逆効果
になってきています。経営塾でも、以前、行っていた相互リンクが逆効果に
なってきてしまったために、今では削除をお願いしているぐらいです。

それぐらいSEOの世界は大きく変わっています。
その変化についていくのは大変です。

しかし、かなり高い確率で変わらないことがあります。
それは、きちんとコンテンツを充実させている医院HPの順位は下がらずに、
上がるということです。

SEOの細かい変化についていくよりも、継続的にコンテンツを追加し続ける
仕組みとその実行に力を投入されることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事