マーケティング > ホームページ

激変!SEO対策

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、検索エンジンの検索結果が大きく変動したことにお気づきでしょうか?
今、検索結果はほぼすべて、Googleによって支配されています。

Yahoo!もGoogleと提携し、Googleの検索結果がYahoo
に表示されるようになったことで、Googleの重要性が格段に増していま
す。

以前はGoogleは「被リンク」、つまり、自分の医院HPがどれだけ、
他のHP(歯科医院に関わらず)からリンクされるかが重要でした。

しかし、これはもはや、過去のものになってきています。
つまり、自分の医院がどれだけ他のHPからリンクされているかはほとんど
重要ではなくなってきているのです。

これによって、何が変わってくると思いますか?

実は、SEO業者に頼んでも、検索順位がほとんど上がらなくなるという
ことを意味するのです。

なぜなら、SEO業者のほとんどは、SEO業者が運営するHPから大量の
リンクを貼るということをしているからです。

いくら大量のリンクが貼られていても、それだけでは効果が出なくなって
きているのです。以前は、これで十分に効果が出ていたのです。

しかし、今は効果があるとか、ないとかどころではありません。

このようにSEO業者に依頼して不正にリンクを増やすような行為を
Googleが取り締まるようになり、検索結果から消されてしまうケースが
増えているのです。

それと、最近のGoogleの変更によって大きく変わったことが他にも
あります。以前は医院HPのコンテンツは多ければ多いほうが良いとされて
いました。

しかし、それが大きく変わったのです。
今は、全然、見られていないページがあってもプラスどころか、マイナス評価
されてしまうのです。

「じゃあ、どうしたら見られてるのかどうか分かるのか?」
となりますよね。

それは、Googleの検索窓に見られてるか確認したいページのURLを
以下のように入れて、検索してみるのです。

「site:http://www.●●●●●」

このように該当ページのURLを「site:」の後に入れて、検索して、該当
ページが表示されるということはGoogleにインデックスされていると
分かります。

「インデックス」ということはGoogleにちゃんと認識されてる
最低限アクセスのあるページと判断することができます。

アップしてから半年以上経過してるのに、Googleにインデックスされ
てないようなページは削除したほうがいいかもしれません。

私はそのようなページを数ヶ月前に100ページほど、削除ではなく検索
エンジンに見られないように

というタグを貼るようにしました。

今回、Googleが大幅に変わったこと。
それは・・・

「他のHPからのリンクではなく、アクセス数を重視するようになった」

ということです。

つまり、他のHPからどんなにリンクされていても、そのリンクをクリック
して、実際にHPにアクセスする人がいないのであれば、そのリンクは意味を
なさないということになります。

ということは1万件も他のHPからリンクされてるけど、1日に1件もアク
セスがないリンクよりも、1件しか他のHPからリンクされてないけど、
1日に100件のリンクがある方が効果が高いということになるのです。

となると、変にお金を出してリンクを買うのではなく、お金を出してPPC
広告を出して、それがクリックされてアクセスがある方がSEO対策にも
なるということなのです。

恐ろしい!
そこまでして、PPC広告を買わせたいのか!?

と思わなくもないですが、Googleからすれば、嫌なら、Google
を使わなければ良いだけの話です。

じゃあ、どうすればいいのか?
答えはいたって、シンプルです。

・他の人が読みたくなるようなコンテンツを作成する
・新しいコンテンツはトップページなど、目に付く場所に掲載する
・PPC広告を掲載する
・アクセスが期待できる歯科ポータルサイトなどに登録する

とはいっても、これらは意外に面倒です。
私が色々とやってきた中で、効果的な方法があります。

それは、新しいコンテンツをアップしたら、Facebookに掲載する
のです。

「●●というページをアップしました。▲▲について詳しく書いてます」
というような解説を2行ぐらい書いて、URLを掲載します。

すると、「いいね」がつく数は非常に少ないですが、アクセス解析を
見るとよく分かりますが、Facebook経由でのアクセスが明らかに
増えてきます。

Googleにとっては、地域の患者さんからのアクセスだろうと、
あなたの歯科大時代の同級生からのアクセスだろうと基本的には同じなので、
Facebook経由のアクセスであってもSEO対策になるのです。

ただ、問題があるようなコンテンツを拡散させると医院の評判が落ちる
リスクがあるので、そこは気をつけてください。

先ほど、ご紹介した
「他の人が読みたくなるようなコンテンツを作成する」
で有効なのが以前にご紹介した「歯のマメ知識」なのです。

まだ、やられてない方は是非、実践してみることをオススメします。
SEO対策に終わりはありません。常に変わり続けます。

ですが、本質的にはコンテンツを充実させていくサイトが勝つのです。

SEO業者などにお金を払って解決しようとするとSEOについての知識と
実行力が衰え、最終的に自分の首を絞めることになります。

これからも常に医院HPのコンテンツを充実させ続けることを忘れずに
実行し続けていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着