マーケティング > ホームページ

スタッフ紹介動画

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前に「院長紹介動画」をトップページにアップしましょう。
というお話をしました。

今回は更に、一歩前進してスタッフ紹介動画についてご紹介します。

やはり、患者様としては「院長先生はどんな人なんだろう?」というのは
気になります。

しかし、院長先生だけでなく、「スタッフはどんな人なんだろう?」というの
も同時に気になっているのです。

その証拠に、アクセス数で一番多いのが院長紹介。
次に多いのがスタッフ紹介のページなのです。

それだけ、患者様というのはスタッフがどんな人なんか気になってるのです。
その証拠にデンターネットのブラック投稿を見てみてください。

どれだけスタッフについての投稿があるか。
4割ぐらいがスタッフについての投稿なのです。

それだけ、患者様というのはスタッフで満足したり、不満に思ったりしている
ということなのです。

実は、もう1つ大事なことがあります。
この話を聞いても、患者様が既に来ている院長先生はこう思ったかも
しれません。

「別に、うちの医院は患者さんはきてるから、いいよ」

そうなんです。
でも、患者さんが来ている医院ほど、困ってることがあります。

それは・・・
採用です。

採用においては患者様同様、こう思っています。

「この医院の院長先生はどんな先生なんだろう?」
「この医院のスタッフさんはどんな人なんだろう?」

就職を考えている人はこう思っているのです。

だからこそ、そこに院長紹介動画やスタッフ紹介動画があることは
安心感につながるのです。

スタッフ紹介動画というのはスタッフ紹介のページに1人ずつ、自分が
どんな人で、患者様に向けてのメッセージを1分ぐらいで語ってもらう
ものです。

もちろん、簡単ではないのは分かります。
スタッフ紹介に名前と写真を掲載するだけでも難しいのが現実です。

しかし、更に先を進んでいる医院ではスタッフ紹介のページに、
そのスタッフの紹介のところに、そのスタッフが患者様に向けての
メッセージを動画で入れているのです。

ここまでのことができる医院は少ないのが現状です。
そこまで医院とスタッフとの信頼関係ができてないと難しいからです。

だからこそ、患者様にも、就職を考えているスタッフにも安心感を与える
のです。

撮影はホームビデオで問題ありません。
三脚を立てて、昼間に撮影すればそれで十分です。

クオリティーにそこまでこだわる必要はありません。
ただ、ちゃんと台本を作成し、何回か練習してきてもらう必要はあります。

後はやるだけです。
ここまでできるのであれば、求人ページに各職種のスタッフが集まって、
求職者向けのメッセージも撮影すると良いと思います。

今、Googleは再生回数の多い動画を検索でも上位に表示するように
なってきています。

求職者向けの動画の再生回数が上がってくれば、上位表示してくれるかも
しれません。

いや、実は「かも」ではありません。
現実に、あるクライアントではそうなっています。

「●●市 歯科衛生士 求人」

というキーワードで検索して、3位にその医院の求職者向けの動画が
表示されているのです。

ちなみに、1位と2位は求人サイトですから、実質、歯科医院では1位
ということになります。

いつまでも、動画撮影に踏み切らずに、このまま求人で苦労し続けるのか、
それとも、頑張って動画撮影に踏み切るのか。

是非、考えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着