マーケティング > ホームページ

YouTube動画広告

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動画の時代と言われて久しいですが、本当に動画の効果があるのか?
という疑問を長年、解消できずにいました。

しかし、動画が普及してきたことで、動画を視聴した人と視聴してない人で
購入意欲などに違いがあるのか?という調査が行われるようになって来まし
た。

その結果、動画を視聴した人の方が購入意欲が高くなるという結果が出てい
ます。

ある企業では動画を視聴した人の方が視聴してない人に比べて購入意欲が
10倍になったというケースもあったほど、動画の視聴は効果があるという
ことなのです。

一番、信頼性の高い日本の調査では電通とGoogleがYouTubeの
データを元に共同調査した結果があります。

YouTubeで動画を見た人はその動画の中で紹介された商品の購買意欲
が動画を見てない人に比べて1.9倍になったというのです。

凄くないですか?

それだけ動画の効果が出てきているということなのです。
しかし、実際に購入した人が本当に動画を見たから購入したのかは分からない
ですよね。

それも、その調査では明らかになっています。

動画を見て実際に購入した人は「YouTubeがきっかけ」と明確に答えた
人が平均で15.1%もいたというのです。

特に、映画やゲームなどではその傾向が高かったというのです。

つまり、ユーチューバーという人が何千万も稼ぐことからも明らかなように、
10代、20代の若者はYouTubeを1つのメディアとして信頼とまでは
いかなくても影響を受けているということなのです。

そして、10代、20代だけでなく、50代ぐらいまでは日ごろの生活の中で
YouTubeを見ることはもはや、生活の一部になっているのです。

そして、YouTubeの最初に飛ばせない広告を「なんじゃ、こりゃ!」と
思いながらも見てしまうのです。そして、その広告で紹介している商品やサー
ビスが興味があるものであれば見てしまうのです。

ということで、本題です。
あなたの医院でも、医院の紹介動画を制作し、それをYouTubeで広告を
出すことができます。

Adwordsのアカウントがあれば、その中で動画広告ができます。
設定は難しくありません。

ただ、その前に動画を作る必要があります。
2014年5月に紹介した院長紹介動画を流してもOKです。

しかし、ここはできれば、医院紹介動画を新たに作ることをオススメします。
その方が効果が出る可能性が高いからです。

このYouTube動画広告は私自身は実践し、成果を実感しています。
しかし、歯科医院で実際にやった事例はまだないため、仮説段階です。

私自身の実感としては私がセミナーのプレゼンをしている動画よりも、
しっかりプロのナレーション、CG、テロップを入れた動画の方が効果が
出るし、再生される可能性も高まり、単価も安く済むのです。

しかも、歯科医院の場合、動画制作に多少、お金がかかったとしても、新商品
が出るわけでもないので、その動画を4・5年は使い続けることができます。

ネット上の医院パンフレットだと思って制作されることをオススメします。
その際、以下の様にされると良いと思います。

・プロに医院の動画を撮影してもらう

・ナレーションはプロに入れてもらう

・テロップを必ず、入れる(音を消してみる人も多いため)

・冒頭にできるだけ人目を引く映像を入れる

更に、動画広告を設定する際には、以下のような設定ができますのできちんと
設定することをオススメします。

・広告を表示させる地域を設定する

・広告を表示させる年齢層を設定する

・必要な場合、性別も設定する

・医院HPへのリンクを設定し、常に表示させる

現在、動画広告の1再生当りのコストは20円ぐらいです。
しかし、これぐらいの金額で済んでるのは今だけです。

あと5年もしたら、これが1再生100円を超えてると思います。
ネットの世界は常に早い者勝ちです。
是非、今すぐ、行動されることをオススメします。

「でも、どんな動画を作ったら良いか分からない」という先生はこんな感じの
ものを作れば医院だなという参考として実践会の動画をご覧ください。

参考⇒ https://www.youtube.com/watch?v=XALxUULIMu4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事