マーケティング > 院内マーケティング

最小のコストで最大の成果を出す

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これも移転の経営相談に来た先生のお話です。

移転のプランを見ると、1Fと2F、2フロアーを使ってユニットを
配置しているのです。

確かに、空間をゴージャスに使っているので、高級感は出ると思います。
しかし、お金がかかるのが問題です。

私が図面を引けば、2フロアーだったものが1Fだけで収まってしまう
のです。そして、実際に1Fだけに収めてしまいました。

全てを完璧にしようと思えば、2フロアーにした方が良いかもしれません。
しかし、お金は無限ではありません。有限です。

優先順位をつけなければいけません。
先生が望んでいることに優先順位をしっかりつけていけば、2フロアー
だったプランを1Fだけに収めることも可能なのです。

これだけで、軽く3300万のコスト削減を実現してしまいました。
たった2時間、たった20万円の経営相談で。

でも、そんなことは誰も言わないのです。
先生が拡大したい、ああしたい、こうしたいと言えば、設計士も、
ディーラーだって、誰だって止める人はいません。

だって、その方が売上が上がって都合が良いですから。

「先生、それはやりすぎです!そんなにコストをかける必要はないです!」
とはっきり本気で先生のためを思って止めてくれる人が実はいないのです。

皆、「やれ、やれ!」「もっとやれ!」としか言わないのです。

先生が夢を語るのは素晴らしい
でも、それをどう現実に落とし込むか、それは夢だけではないのです。

現金があるならいいです。
でも、そこは先生が何千万もの借入をして、10年以上に渡って返済して
いくのです。全てのリスクを先生が背負うのです。

それを考えて、「最小のコストで最大の成果を出す」プランを私はそこに
利害がないからこそ、先生に提案できるのです。

先生は利害関係なく、本当に先生のためを思って止めてくれる人がいますか?
もし、そのような方いない方はこちら
⇒ http://www.consuldent.jp/consulting/keiei-sodan.html

ある先生が私にこうおっしゃいました。

「これまで、私に『それは止めたほうが良い』と止めてくれたのは
岩渕さんしか、いませんでした」

院長というのは上手く行けばいく程、知らないうちにYESマンしか周りに
いなくなり、知らないうちに裸の王様になっているものなのです。

あなたのことを本気で止めてくれる人はいますか?
もし、そのような方いない方はこちら
⇒ http://www.consuldent.jp/consulting/keiei-sodan.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着