マーケティング > 院内マーケティング

なぜ、お金を使いたがるのか?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たまに「なんで、そんなにお金を使いたがるのか?」と思う先生がいます。
そういう先生は大抵の場合、医院の拡張に物凄いお金を使ってしまうのです。

私がいくら止めても、もう、聞いてくれないのです。

そのような場合、もっと低コストで済ませる方法があって、それを明確に
提示して、「そんなにお金をかけちゃうと、後で大変ですよ」と言ってる
のに、やってしまうのです。

これが自費につながる投資だったら、まだ回収の余地があるのです。
しかし、多くは予防のための投資なのです。

予防は単価が安く、そんなに急激に人数が増えるものではありません。
しかし、長期的に伸びることを考えると、ユニット数が必要なので、
投資が膨らみます。

ですから、初期投資の金額は大きいのに、資金回収には非常に時間がかか
るのです。ですので、多くの場合、資金的に厳しくなり、スタッフにも
プレッシャーがきつくなってしまうことが多いのです。

このようになってしまうと、スタッフもそれまで楽しく仕事をしていた
のに、だんだん仕事がストレスになり、DHも辞めてしまい、益々、
予防ユニットの稼働率が低くなるという悪循環にはまりやすいのです。

そういう意味でも、予防のための設備投資はコストを抑えて取組むことが
重要だということを皆さん、忘れないようにお願いします。

それまで和気あいあいと仕事していた医院が過大な設備投資によって、
崩壊するのは一瞬です。そして、それを取り戻すのには何年もかかる
ということを忘れないでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事