マーケティング > 院内マーケティング

ガラス面にプロジェクターを投影する

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も効果のある看板とは何か?
あなたは何だと思いますか?

私の答えは明確です。
今まで、多くの医院で実証してきましたが、最も効果のある看板は院前です。

「院前」とはつまり、

・医院の外観
・医院敷地内の看板
・医院の内装

です。

もし、あなたの医院が1Fにあり、院前の人通りが多い、もしくは、院前の
交通量が多い場合、是非、この手法を試してみてください。

私はこれまで何度も、道路側には待合室を持ってきてくださいと伝えて
きました。それを実践していただいてる場合には特に有効です。

そして、残念ながら、道路側に待合室ではなく、診療室が来ている場合でも、
この方法は有効な可能性が高いので、是非、試してみてください。

それは何かというと、
「待合室のガラス面にプロジェクターで医院案内を投影する」ということです。

待合室のガラス面が大きい場合、透過型スクリーンをガラス面に貼ります。
そして、待合室の天井からプロジェクターを吊るします。

診療中、診療後もタイマー設定をしてプロジェクターを投影するのです。
そうすると80インチぐらいの大きさに表示することも十分に可能になる
のです。

しかも、画面の内容は自分でパワーポイントで作れば、好きなように改善
していくことができるのです。

院前を通る歩行者、車に対して、自院がどんな医院なのかを情報発信する
ことが十分にできるのです。

必要なのは
・透過型スクリーン+設置作業
・プロジェクター(3千ルーメン以上)+設置作業

となります。

また、道路側に待合室ではなく、診療室がある場合、普段はロールブラインド
が降りてることが多いのではないでしょうか。

このロールブラインドにプロジェクターを投影してしまえば、かなりはっきり
と見ることができます。そうすれば、透過型スクリーンを買って、設置する
作業もいらなくなるのです。

ある私のクライアントでは、プロジェクターを天井から吊るすのではなく、
診療後にキャビネットの上にプロジェクターを置いて、タイマー設定して
帰宅していました。

そのように、今あるものを使ってすぐに始めることも可能なのです。
後は、どれだけ充実した内容をパワーポイントで作って、流すことが
できるかだと思います。

もしくは、説明用DVDをそのまま流してしまうというのもありかも
しれません。

活用方法はいろいろですので、是非、やってみることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着