マーケティング > 院内マーケティング

紹介キャンペーン

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院の新患の約半分は紹介です。
しかし、歯科医院の場合、紹介があまりにも多いため、紹介に対する意識が
鈍化してしまってるように思います。

あるのが当たり前。
しっかりとしたことをしていれば、自然と紹介は付いてくる。

確かに、それも事実です。
しかし、紹介の数を今以上に伸ばすにはそれだけでは足りないはずです。

なぜなら、今だって、できる限り、しっかりとしたことをしているはずなの
ですから。ですから、紹介を自然に増やすためには今以上の取組が必要だと
いうことを先ず、認識することが重要になります。

では、紹介を増やすためにはどうすればいいのでしょうか。
一番効果的な方法は紹介をお願いするということなのです。

紹介をお願いするのはとても難しいことなのです。
これは私たちの日常生活を考えても明らかです。
いきなり、お店で「紹介してください」と言われたら嫌な気持ちになる。

そう思うと、こちらからも紹介をお願いするのが難しくなります。
紹介をお願いする大義名分がないと言ったほうも、言われた方も嫌な気持ちに
なってしまうのです。

そこで、「紹介キャンペーン」というものを行うのです。

この紹介キャンペーンについて院内でも告知し、きちんと1人1人にも説明
した上で、期間中に来院した全ての患者様に日頃の感謝の言葉を伝えて、
紹介をお願いするのです。

そして、大義名分としては

「あなたのご家族、お友達、お知り合いの方で歯のことでお悩みの方、お困り
の方がいらっしゃいましたら、是非、当院のことを教えてあげて下さい」

と説明するのです。
そして、患者様がご家族やお友達に医院のことを紹介しやすくするための
紹介パックを手渡すのです。

これをきちんと実践したことで、ある医院では紹介キャンペーン実施後の数ヶ月
で以下のような結果が出ました。

・新患数が1.5倍にUP!
・中断患者さんの再開も増加
・矯正の新規契約は2倍にUP!
・長年通っていたKrから大口の自費Krを紹介いただいた
・既存のKrからも「こういうセットがあると紹介しやすい」と言われた

このような取組はやれば成果が出ます。
しかし、実際にやるのはスタッフです。

スタッフの皆が

「こんなのやっても、患者さんは嫌がるだけだ」
「こんなことの前に、もっと目の前の患者さんに向き合うべきだ」
「なんで、私がこんなことをしないといけないんだ」

と思っていたら絶対に効果は出ません。
ですので、医院とスタッフとの信頼関係が構築され、スタッフの皆が
「医院のために」という気持ちで一致団結していないと効果は出ません。

このような説明を1ヶ月から1ヵ月半という期間限定であっても、忙しい
診療中に実践するのは非常に大変です。

全員の協力が必要なのです。
そして、その必要性、意味を全員が理解してないといけません。

ですので、このような取組は是非、スタッフとの信頼関係を構築してから
取組むように注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着