マーケティング > 院内マーケティング

素直に着実に実践する医院は伸びる

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも言ってることですが、成功の3条件は「素直・プラス発想・勉強好き」
です。中でも、「素直」というのは本当に重要です。

経営塾メンバーの中でも、伸びる医院というのは先ず、間違いなく素直に
実践します。「これはどうかな?」とか「こんなことやっても・・・」と
いうようなことを考える間もなく、素直に取組む。

こういう医院さんは本当に先ず、間違いなく伸びます。
素直に実践する医院は業績が2倍、3倍になることも決して、珍しくありま
せん。

もう1つ、重要なポイントがあります。
それは「定着させること」です。

やるんだけど、次第にやらなくなる。
気づいたら、やらなくなっていた。
昔はやっていた。

こうなると、そこで医院の伸びが停滞します。
多くの場合、マンネリ化、チェック不足、モチベーションダウンなどの理由に
より、以前はやっていた取り組みがやられなくなってしまうのです。

ただ、これは良い方です。
なぜなら、以前は素直にやっていて、伸びているからです。

問題なのは、成果が出る前に止めてしまうことです。
これは多くの場合、院長のチェック不足、定着させることに対する情熱不足に
よるものです。

「この取組みは重要だから、絶対に定着させるんだ!」という情熱を院長が
持ち、その取り組みができてない度に、スタッフに意味づけを行い、やるよ
うに伝えていかなければ、どんな取り組みも定着しません。

伸びる医院は定着させる医院なのです。
そして、伸び続ける医院はしっかりと定着している取組が増えていく医院なの
です。

そして、定着させるのも、定着し続けるのも、どちらも院長が「絶対にこの
取組は重要だから、定着させる!」という情熱とその情熱に基づくチェック
と意味づけ、改善の繰り返しによって実現するのです。

あなたの医院では新しい取組が定着していますか?
もし、定着してないとすれば、それは院長の情熱、チェック不足に原因がある
かもしれません。先ずは、そこを「チェック」してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着