マーケティング > 院外マーケティング

増築は控えめに

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医院が上手く行ってくると、ユニットの増設が必要になる場合が多々、
あります。しかし、この場合の増設は医院が上手く行ってるケースなので、
実はそんなにお金をかけないことが大事なのです。

既に患者様がたくさん、来てるんですから、ユニットが足りないだけなので、
医院としての魅力がないわけではありません。

無理にお金をかける必要がないのです。
最低限で十分です。

そこで、無理にお金をかけすぎてしまうと、後で苦労します。
例えば・・・
スタッフルームが狭いから大きなスタッフルームとセミナー室を作りたい
個室の予防室を作って、ゆったりとした空間を提供したい
などなど

もちろん、そのお考えは素晴らしいです。
しかし、ここでお金をかけすぎると、後で損益分岐点が高くなってしまい、
スタッフにプレッシャーをかけないといけなくなってしまいます。

増築前はスタッフも盛り上がります。
「こんな医院で私も頑張りたい!」
「こんな医院になったらステキ!」

しかし、だからといって、上がった損益分岐点の分まで頑張りたい訳では
ないのです。本音では、今以上には頑張りたくないのです。

そこを勘違いしてはいけません。
きっと、スタッフは喜んでくれるだろう。
きっと、スタッフは頑張ってくれるだろう。

と思って、増築にお金をかけるととんでもないことになりますので、本当に
気をつけてください。

増築しても、あまり医業収入が上がらなくても、十分に採算が合うように
考える。これが増築するときの重要なポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着