マーケティング > 自費率とリコール率

衛生士を担当制にし、衛生士枠を作り、時間帯・曜日別で固定する

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既に、多くのところで、言われていることで、当たり前のことなのですが、
重要なのことなので、お伝えします。

現在、多くの医院で患者数が減少しています。

しかし、その中でも、患者数が減少していない医院もあります。
内容を見てみると、やはり、どちらの医院も、
治療の患者さんは減っているのです。

しかし、一方の医院では、治療の患者さんが減った分を
予防の患者さんが補い、もう一方の医院では、
治療の患者さんが減った分を補えていなくて、
患者数が減っているようです。

やはり、これからは「予防中心」の歯科医院作りが
欠かせないのだと思います。

では、予防中心に移行するために、
欠かせないことを今回は、お伝えいたします。

———————————————————————-
1.衛生士を担当制にする

未だに、多くの医院で、定期健診で来院された患者さん、
P処置をする患者さんをどの衛生士さんが担当するか
決まっていない医院がほとんどです。

担当が決まっていないと、何となくその時、空いていた衛生士がやることに
なります。それで、責任感を持って、仕事をするのはかなり難しいです。

「自分が担当した患者さんがどうなろうが、自分には関係ない」

と思ってしまいやすいのです。

やはり、女性ですから、

「誰でも良いからやっといて」

と頼まれた仕事は

「じゃあ、他の人に頼んでください」

となってしまいます。

「あなただから、やってほしい」

という自己重要感を与えてあげることが大切なのです。

自分が担当で決まっていれば、担当した患者さんがその後、
どうなったのか経過を知りたくなりますし、症状が改善していなければ、
自分の責任ですから、何とか、治るように努力しようと思うものなのです。

先ずは、担当を決めて、

「この人は、あなたの患者さんなんだから、任せたよ」

と伝えてあげることが大切です。

そうすれば、以前よりも、患者さんとも親しくなり、信
頼関係も構築され、症状が改善されれば、感謝され、
やりがいを感じることができるのです。

そのような機会を院長は衛生士に作ってあげることが大切です。

最近でも、

「前の歯科医院ではアシスト業務ばっかりしていて、
ちょっと時間が空いたときにスケーリングする程度でした」

という衛生士さんに多く会います。

これは、とてももったいないことです。

せっかく、その衛生士さんが仕事を頑張ろうと思っても、
それでは、他の助手と同じで、

「何のために、衛生士の資格を取ったのか?」

と疑問に思い、衛生士としてのやりがいを感じることが
できなくなりますし、衛生士としてスキルアップする機会を失います。

社会人は社会に出て3年間で、その人の癖がつきます。

働き方、仕事に対する考え方、仕事に対するスタンスは一度、
身についたら、それを変えることはかなり難しいです。

歯科医院の場合、在職期間が短いので、最初の1年で
癖がつくように思います。

ですから、その最初の1年目を預かる先生方は、是非、
多くの衛生士さんに衛生士としてのやりがいを感じさせてあげてください。

———————————————————————-
2.衛生士枠を作る

多くの医院では、治療の合間に、TBI、SC、SRPなどの
衛生士業務を入れています。

この形だと、どうしても、アシスト業務がメインで、
衛生士業務は後回しになりがちです。

そうではなく、衛生士業務に専念してもらうように、アポイント帳の
最低1列は「衛生士枠」を作ることをオススメします。

こうすることで、

「ここには衛生士業務以外、入れたらダメ」

という意識が働きます。

衛生士枠が空いていれば、

「あっ、予約が空いてるー。埋めないといけないな」

という意識がまともなスタッフならば、働きます。

こうすることで、実は今までより多くの、患者数を
診ることが可能になるのです。

今までなら、ドクター1人で2列の予約がだいたい、限界でした。
そうすると、1時間に4人、1日8時間診療で32人です。

この場合、ドクターが頑張ってくれれば、
ユニット3台で32人診ることができます。

ここで、ユニットが4台あれば、残りの1台を衛生士用の
ユニットとして、使用し、衛生士枠を取れるのです。

衛生士枠を作れば、1時間2人、1日8時間で16人まで、
衛生士が診ることが可能です。

衛生士の場合、キャンセルなどもあるので、大体、1日10~12人
診ることができれば、合格ラインだと思います。

衛生士枠を作れば、これまで32人だった、患者数を
45人程度まで伸ばすことが可能になるのです。

実際、このようなやり方で、急速に業績を
伸ばした医院さんがいくつもあります。

———————————————————————-
3.衛生士を時間帯、曜日別で固定する

業績が悪くなってくると、多くの医院では、コスト削減のためか
衛生士を雇わないそうですが、そんなことでは、
益々、縮小均衡に向かうことがなぜ、わからないんでしょうか。

これからしっかりと予防中心に移行しようと思えば、
衛生士の人数ができる限り多く必要になってきます。

そうなると、例えば、衛生士枠が1つしかないのに、
衛生士が2人いるということになってきます。

そこで、2人の衛生士が自分の担当患者さんが予約を入れやすい時間に
予約を入れていくと、どうなると思いますか?

多くの場合、20分とか、30分の空き時間が出たり、
その後に入っている患者さんが自分の患者さんでないと、
時間が延びてしまったりします。

これは、なぜ、そのような現象が起きるのかというと、
自分の担当患者さんでないと、責任感が出ないように、
その衛生士枠自体が自分の枠ではないので、
責任感がなくなっているからなのです。

ですから、2人で1つの枠を使用するのではなく、
例えば、月曜日の午前中はAさん、月曜の午後からはBさん、
という感じで、担当患者さんの状況を考慮しながら、
時間帯と曜日別で衛生士を固定してしまうのです。

そうすることで、空いていれば、

「自分の枠なのに、空いているから埋めなきゃ」

と思いますし、時間が押せば、後で自分が困りますから、
押さないように努力します。

また、この時、1日通しで固定すると、嫌がられます。

それは、単に「疲れるから」です。1日ずっと衛生士業務をやっていると、
疲れるんだそうです。

「そんなこと言ったら、ドクターはどうなるんですか?」

といつも言ってますが、そのようなことにも、配慮して、
半日交代にするとスムーズにこのような形に移行できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事