マーケティング > 自費率とリコール率

キャンペーンを成功させる

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの歯科医院において、自費を伸ばすことは必須の課題です。
自費を伸ばすという意味でも、非常に効果的なのが今回、ご紹介する
キャンペーンです。

このキャンペーンを行うことで、自費が増えるだけでなく、様々な効果が
実は見込めるのです。確実に効果が見込めて、更にコストもかからない。

そんなキャンペーンをあなたの医院でも是非、やってみてはいかがで
しょうか。

ポイント1.キャンペーンとは?

これまで「キャンペーン」といってますが、どのような内容なのか、歯科
業界ではあまり知られてない方法ですので、イメージがわきにくいと思い
ますので説明いたします。

キャンペーンとは、ある特定の自費治療を一定期間、割引するということ
です。これをすることによって、どのような効果が見込めるのでしょうか。

もちろん、その期間に自費をする人数が増えますし、自費金額もアップ
します。利益率は若干、落ちますが、十分に利益は出ますので、心配する
必要はありません。

ポイント2.キャンペーンする自費治療は何にするのか?

一番、多いのがホワイトニングです。
というのは、ホワイトニングは始めたは良いものの、なかなか、やりたい
と思う人が少ないのがほとんどの医院の現状ではないでしょうか。

また、ホワイトニングは技工料もかからないし、ほとんどの作業をスタッフ
に任せることができるので、割引価格にしたとしても、問題がほとんどない
からです。

また、ホワイトニングをきっかけにして、自費補綴へと広げて行くという
ことも期待できるのです。自費補綴の患者様を一人獲得できるのであれば、
全く問題ないのではないでしょうか。

その他にも、補綴物の金額を値上げする際に、
「●月●日までに契約された患者様は値上げ前の金額でさせていただきます」
という内容のキャンペーンを行うと、この間の契約人数、金額が確実に
アップします。

ポイント3.期間と人数を限定する

キャンペーンを成功させる一番、大切なポイントは期間と人数を限定する
ことです。これによって、「今、決めないといけない」という状況になり
ます。

人間は「できるだけ決断を先延ばししたい生き物」なのです。
今、決めなくても良いのであれば、決めたくないのです。

ですから、期間と人数を決めて、院内に掲示するポスターなどにも、
「あと●人」とカウントしていった方が効果が上がりやすいです。

ポイント4.スタッフ全員でキャンペーンの説明をする

キャンペーンの説明をスタッフ全員で全ての患者様に行うと、確実に効果が
出ます。説明回数に比例して、契約人数も増えて行くからです。

そして、スタッフも説明回数が増える程、その自費治療についての説明が
上手くなります。

説明が上手くなると、キャンペーン終了後も、説明することに対して抵抗が
なくなることによって、自費が増えるという効果があるのです。

ポイント5.自費感想文回収を義務付ける

新たに始める自費治療をキャンペーンにする場合、特に効果的です。
というのは、新しい自費治療は症例が少ないので、当然、その治療を受けた
患者様の声が揃ってないはずです。

ですので、キャンペーン価格で治療を受けていただくには、感想文を書いて
いただくことを条件にするのです。

そうすることで、短期間に新しい自費治療の症例も増えますし、感想文は
集まるし、更に、スタッフが新しい治療の説明もできるようになり、キャン
ペーン終了後も継続的に自費が増える可能性が高くなるのです。

このキャンペーンはリスクなく、コストもかからず、確実に成果が見込める
方法なのです。本来であれば、セミナーなどでしか決して、公開しない内容
なのですが、今回は特別に公開させていただきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事