マーケティング > 自費率とリコール率

自費紹介スライドをチェアサイドのモニターで流す

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、「医院紹介スライドを作成する」という手法をご紹介しました。

医院紹介スライドは医院の中にある設備などをほとんどの患者様は知らない
ので、それを紹介するためのスライドを作成し、初心カウンセリングで使用
したり、チェアサイドのモニターで流しましょうと提案しました。

実際、これは多くのクライアント実践され、成果を発揮しています。

今回はチェアサイドのモニターで流す内容を医院紹介だけでなく、自費治療
の内容も追加するという提案です。

以前から、申上げているように患者様は自費治療の内容なんて、全く、知り
ません。知らないことについては質問することも、相談することもできませ
ん。

価値が分かりませんから、それに対して高額なお金を支払うこともできませ
ん。

しかし、チェアサイドのモニターで自費治療の案内を流しておいて、Dr待
ちの時間、待合室での待ち時間に見てもらうようにできれば、興味を持つ
確率が上がると思いませんか?

実際に、上がるのです。
そして、興味を持ってみている人がいれば、声をかければいいのです。

「この治療は●●な治療なんですよ」
「何か気になることがありましたか?」
「●●さんはお口の中について何か気になることがオありですか?」

もしくは、患者様が聞いてくることも多くなります。

「この治療って、どんな治療なんですか?」
「私も、こんな風にきれいになるんですか?」
「私も、この治療を受けることができるんですか?」

このように聞いてくれれば、後は説明すれば言いだけですから、簡単に自費
治療が増えてきます。

では、どんなスライドを作成すればいいでしょうか?
インプラントを例にとって説明してみます。

1.インプラントとはどのような治療?
2.インプラントをするとどんな良いことがあるの?
3.インプラントをすることのリスク・注意点は?
4.インプラント治療の流れ
5.インプラントの症例と感想文

各項目1枚でスライドを作成するのであれば、そこまで手間がかけずに作成
できるのではないでしょうか。

大きく分ければ、以下のような自費治療についてはスライドを作成すること
をオススメします。

・インプラント
・矯正歯科
・ホワイトニング
・デンチャー
・オールセラミック
・メタルボンド
・ゴールド
・ハイブリッドセラミック

補綴物については1~5まで細かく作らずに、それぞれの金属について
1枚ぐらいのスライドにまとめることが多いです。

これらをしっかり作成すればするほど、後はチェアサイドのモニターに
スクリーンセーバーとして設定しておけば、自動的に表示されますから、
誰かが頑張らなくても、自費見込患者様を開拓してくれます。

作成もパワーポイントで自分で作成し、スライドをJPEG化しておけば
後から、いくらでも自分で修正が可能です。

是非、取り組んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事