マーケティング > ホームページ

SEOの基準が変わった!?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2017.8.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで、何度もお伝えしてきました。

歯科医院では月に1個、500文字以上のコンテンツをアップする必要があると。
それぐらいできないホームページはGoogleが「やる気のないHP」とみなし、検索順位を下げてしまうからです。

そこで、新しい治療法などが次々と生み出される訳ではない歯科医院の場合、スタッフブログを開設し、スタッフが日々の生活の中で起きたことなどを中心にコンテンツを増やしてきました。

そうはいっても、歯科医院の女性スタッフが書く、日々の生活の中での出来事は歯科とは関連がほとんどなく、そこまでの大きな効果は発揮できてないというのが実情でした。

しかし、これが大きく変わりました。

これまでは1つのページのコンテンツが500文字以上あればプラス評価がもられていたものが500文字程度ではプラスどころかかえってマイナスになってしまうようになってしまったのです。

しかも、最近はGoogleが検索の仕組みを大きく変えたとしても、一般向けに検索アルゴリズムの変更を発表しなくなってきているので、大きな混乱が生まれています。

では、どれぐらいのコンテンツを作成すればいいのか?
それは、800-1,000文字ぐらいです。

えっ、そんなに!?
そう思うと思います。

実際、私もコンテンツをこれまでの500文字前後から1,000文字前後に変更して作成してみました。

これまでの3倍ぐらいの時間とエネルギーがかかりました。
なので、これをやるのは相当、大変だと思います。

ですが、このGoogleの変化にしっかり対応していかないと、検索上位に表示されることは難しくなってきます。

更に、歯科医院のホームページであれば、歯科に関連したコンテンツである必要性が増してきているのです。ですから、女性スタッフが今日は花火を見に行ったとか、プールに行ったとかは逆効果にさえなる可能性があります。

ちなみに、写真や動画は文字数としては0文字ですのでご注意ください。

ということはこれまでのようにコンテンツ制作を女性スタッフばかりに頼るのは限界にきているということです。

院長自身、勤務医の先生の力も借りて、コンテンツを作り続けるようにしなければ、検索結果から次第に消えていくだけということになります。

では、どんなコンテンツをアップするのがいいでしょうか?
例えば、以下のようなコンテンツをブログなどでもアップすると良いかと思います。

・歯の豆知識
・患者様からのQ&A
・歯ブラシの商品紹介
・歯磨き粉の商品紹介
・医院にある設備を1つずつ詳細に紹介
・滅菌への取組み
・技術系セミナー参加報告
・その他、様々なセミナー参加報告
・院内での取り組みの紹介
・院内の教育体制についての紹介
・医院のこだわりの紹介
などなど、たくさんあると思いますので、皆さんで考えてみて下さい。

少ないコンテンツ(500文字前後)をたくさん投稿するより、投稿頻度は少なくても充実したコンテンツ(1,000文字前後)を投稿するほうが効果は高いそうですので、是非、取組んでみてください。

院長先生も、月に1個はコンテンツを追加することをしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事

新着