マネジメント > 業務効率化

歯科医院に営業をかけてくる業者の見分け方

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2018.9.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、あるクライアントの先生から
「良い業者と悪い業者の見分け方を教えてほしい」
という依頼がありましたので、今回のメルマガで解説したいと思います。

正直、私もこれまで何度か騙されてしまったことがあるので、これが正解と自身を持って言うことはできません。

でも、失敗した経験もあるからこそ、お話できることもあるかと思います。

良い業者と悪い業者の見分け方の一番簡単かつ有効な方法。
それは・・・

知ってる先生、経営者からの紹介

となります。

これですと、満足行くほどのサービスや商品ではなかったけど、騙されるということはほぼ皆無かと思います。

ですので、一番有効な方法はこれになると思います。
「そんなのは知ってるし、それ以外にないのか?」と思われると思います。

しかし、意外と知っていてもやってることは少ないのです。
私自身もそうです。

ほとんどの歯科医院の場合、そんなに新しい取り組みをするわけではありません。
であれば、知らない業者さんから売り込みがあった場合には、他の先生に相談したり、聞いたりすれば良いのです。

「今、こういう●●という業者さんからこういう提案を受けてるんだけど、何か知ってる?」

これを1人だけでなく、10人ぐらいにすれば、何かしら知ってる人がいるか何か知ってる人を紹介してくれると思います。

その上で、判断すれば、間違う可能性は飛躍的に下がるのです。
しかし、そのようなことをせずに、独断で判断しようとすると失敗する確率が上がってしまうのです。

そういう意味では、実践会のコンサルタントに業者さんからの提案を毎回、30分でも時間をかけて「これはどうですか?」と確認される先生もいらっしゃいます。

これはかなり効果のある方法で、実践会のコンサルタントであれば、日本全国140医院以上の全国トップクラスの情報が集まってますから、担当コンサルタントが分からなくても、誰かが何かしら知ってます。

もし、誰も知らないとしたら、その業者さんとは付き合わないほうが良いか、まだ誰もやってないので早すぎるのかもしれません。

そのような情報を持ってない多くの先生は年間100万円ぐらい騙されてるケースもあります。
そのような無駄なコストを払わなくなるだけでも、大きな価値があるのです。

次に、良い業者さんと悪い業者さんの見分け方、それは・・・

実績を聞くということです。
実際に歯科業界で成果が出ているのか、それはなぜ成果が出たのか?
可能であれば、直接、その先生に話を聞く。

それぐらいしたほうが良いかと思います。

そして、一番、重要なことはそのことについて詳しくなることです。
悪い業者さんに引っかかってしまう場合の大半は、そのことについて知識が少ないケースです。

自分自身の知識があれば、そう簡単にはだまされないのです。
100万円単位の投資をするのであれば、しっかりとその分野について、ネットや書籍、人と会ったり、色々な情報を調べた上で判断をする。

それだけでも、かなり違ってくるのです。

最後に、入金を無闇に急がせるような会社はかなり信頼できないケースが多いです。
そのような会社であれば、無理に取引をしないことをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事