マネジメント > 労務・人事評価・採用

あなたの下で働きたい」と思ってくれる人をいかに作るか

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うちの事務所には全員ではありませんが、何人かは

「岩渕さんの下で働きたい」

ということで、入社してくれた人がいます。
本当に良く頑張ってくれています。

その人が頑張れるかどうかに
・その仕事をしたい、その仕事が出来るようになりたい
・その人と一緒に仕事がしたい、その人のようになりたい
という要素があると思います。

どちらか1つがあれば、その人はとても頑張れるでしょうし、
両方あれば最高だと思います。

これまでの採用活動において、仕事の内容を前面に出していることが
多かったように思います。

しかし、もう1つの大切な要素として「院長と一緒に働きたい人」を
採用するということはとても重要なことなのではないかと思います。

しかし、そのようなことは可能なのでしょうか?
私もこれについてはまだまだ勉強中ですが、分っていることもあります。

歯科医院の院長であれば、
・歯科医師会の活動で検診をする
・セミナーに参加する
・衛生士学校で話をする
・スタディーグループで発表をする

というような場面があると思います。

このような場面で院長が他の人と違う、素晴らしいところを見せれば、
それによって人が集まるということは十分に考えられます。

というのは、私の下に集まってくれた人もそうだからです。

別に、私が有名になっていなくても、私と泉がセミナーに参加して、
講師の先生からたくさん取り上げていただいているのを見て、
「この人の下で働きたい」
と言って来て下さった方がそのセミナーで2人もいました。

多くの人は採用活動として広告を出すことだけが採用活動だと考えている
ようですが、そうではないと思うのです。

意識が高い人が集まるような場面での、1つ1つの行動が採用活動なの
です。

是非、そのような観点でご自分の行動を考えてみてはいかがでしょうか。
1つ1つの行動も変わるかもしれませんね。

そして、そのような場面だからこそ、
その人の本当の姿が出るのかもしれませんね。

だからこそ、そのような姿を見て、
「この人の下で働きたい」と思うこともあれば
「こんな人の下では絶対に働きたくない」と思われることもあるのかも
しれませんね。

あなたは、どのように思われているでしょうか?

ちなみに、そんな流れでうちの事務所に入ってくれた
新 哲也(しん てつや)という社員がいます。

彼は現在、なんとうちの事務所に住んでいるのです。

正確に言えば、うちの事務所は1Fにあるのですが、新たに4Fにも
1部屋、借りました。ただ、まだ4Fにはスペースがあるので、新が
4Fの事務所スペースの一角に住むことになったのです。

住み込みとはまた違いますが、びっくり現象です。

彼の住民票の住所とうちの事務所の住所は現在、一緒なのです。
凄いことです。

もしかしたら、あなたの医院にも、そんな凄い社員が入ってくる
かもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事