マネジメント > 労務・人事評価・採用

ダメな組織は採用がダメな組織

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの医院では採用にどれくらい力を入れていますか?
もちろん、採用面接などはスタッフに任せても良いと思います。

しかし、どのような採用活動をすれば、いい人が採用できるのか?ということ
を調べたり、アドバイスを受けたり、試行錯誤することは経営者の役割です。

そこを放棄して、単に求人広告を出して、適当な面接をしてるぐらいでは、
適当な人しか採用できません。適当な人をいくら頑張って教えても、良くは
なりませんから、教える側のスタッフも疲弊してきます。

そして、医院全体が疲労感に包まれていくのです。

このような状況を改善するには、採用方法、そのものを見直してみる必要が
あるかもしれません。

例えば、ここ数年で、新しい採用活動に何個、取組んでいるでしょうか?
新しい求人媒体を探してますか?

例えば、求人広告をするだけでなく、新卒採用を強化するために衛生士学校と
の関係作りにどれくらい取組んでますか?

歯科医師の採用を強化するために、大学との関係作り、後輩との関係作りに
どれだけ取組んでますか?

一番、良くない採用活動は「人が辞めたから採用する」という場当たり的な
採用です。そうではなく、医院の長期的展望に合わせて人を採用することが
組織を強くするのです。

人が足りないから、人が辞めたから、それを補うために即戦力を採用する。
このような採用に対する考え方が弱い組織を作ります。

例えば、歯科助手を採用するのでも、大学から新卒で採用するという方法
だってあるのです。その方法も様々にあります。例えば、合同就職説明会に
参加することだってできるのです。

そのような場に歯科医院は少ないですから、逆に注目される可能性も高いの
です。その他に、一般企業が会社説明会を開催するのと同じように、
医院説明会を開催している医院もあります。

最近は、うちの会社でも、新しい採用活動にお金を投じて、取組んでいます。
もちろん、成果が出ない可能性はあります。

しかし、今よりも良くしていきたいのであれば、今よりも良い採用活動をする
必要があるのです。現在の採用活動だけで、いい人材が採れる可能性が高いの
であればいいのです。

しかし、そうでないのであれば、もっと良い採用活動というのを試行錯誤する
ことが欠かせないのではないでしょうか。そこにかけるエネルギー、情熱、
お金があまりにも不足している歯科医院が多いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事