マネジメント > 労務・人事評価・採用

評価基準を明確にする

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、医院の活性化にあたり、「やはり人材が大事だ」と痛感する
ケースに頻繁に直面します。医院を活性化するには、院長及びス
タッフを活性化するしか結局は道はないという感じすらします。

また、よく「歯科業界には人材はいない」という言葉も耳にします
が、「本当は活用できていないだけ」という気がいたします。以前
に、「コーチング」というテーマをお伝えいたしましたが、今回は
更に人を活用し、スタッフを人材にし、人財にしていくための手法
をお伝えいたします。

————————————————————
1.スタッフは肉体労働者ではない!

先ず、この基本的かつ重要な認識が院長およびスタッフ自身になさ
れていないことが問題だと私は思います。どういうことか。

それは、スタッフも院長も、

「スタッフは肉体労働者だから診療中の肉体労働だけやるのが仕
事であり、働いた分だけお金をもらう、時間の切り売りをして
いる」

と思ってます。したがって、スタッフに対して

「どうやったらもっと医院を良くできるか」
「どうしたらもっと患者さんに満足してもらえるか」

を考えさせる「知的労働」を仕事として双方共に認識していないと
思います。私がお伺いした多くの医院はそうでした。

また、医院経営が悪化している医院ほど、スタッフの頭脳を活用で
きておらず、スタッフの肉体労働のみに給与を支払っている状態で
した。

ひどいところは、何年もスタッフとミーティングをやっていないと
いうのです。

「スタッフの意見などはどうでもいい」

というのでしょうか。

もちろん、

「ミーティングをやらない、やれない事情」

があるのは分かります。

しかし、それでは、スタッフが育つはずもありませんし、医院がよ
くなるのも院長一人が考えて全て指示を出すわけですから、医院の
成長にも限界があり、衰退する可能性が高くなります。

————————————————————
2.常勤のスタッフとは何か!?

では、常勤のスタッフとパート・アルバイトのスタッフとの違いは
何でしょうか?基本的な問いですが、皆さんは明確に意識されてま
すでしょうか?

私の答えはこうです。

「パート・アルバイトのスタッフは時間の切り売りであり、働いた
時間に対して給与が支払われるのに対し、常勤のスタッフは自
らの出した成果(能力ではない)に対して給与が支払われる」

ということです。両者には決定的な違いがあると私は思っています。

何故、私がこのようなことを申し上げるか?

それは、そのような基本的な認識がないと、いざ、評価基準を作る
といっても、何の効果も発揮できない評価基準になる可能性がある
からです。

————————————————————
3.評価基準の必要性

「ああしろ」 「こうしろ」 「頑張れ!」

と言われても、それがどのように評価に反映し、どのように自分に
帰ってくるのかが不明確であれば、人間はやる気を起こさないもの
です。人間はお金だけが全てではありません。

しかし、人間は人からの評価に対して、非常に敏感です。その評価
の基準がある程度明確にされるということは、目標を提示されたこ
とに等しいいのです。また、その評価が自分の給与に反映してくる
となると、これはスタッフの意識を変える力を持ちます。

実は、医院の方針・戦略はスタッフの評価にまで落とし込まれなけ
れば、意味をなさないのです。

————————————————————
4.評価基準の導入

現在、スタッフの評価基準がほとんど何もなく、年功序列と院長の
何となくでスタッフの給与と賞与を決めている医院が評価基準を導
入するにはどうすればいいのでしょうか?

私は、下記のように導入することをオススメします。

□月次の給与はいじらずに、現在の給与の仕組み(適当なもので
も)を維持する
□評価基準は賞与に対して設定する
□共通評価と個人別評価の2つに分ける
□各評価項目に対しては、配点をし、ウエイトをつける
□各項目を5段階評価で評価し、ウエイトをかけて各項目の点数
を算出する
□合計点数を算出し、合計点数により、賞与を上下させる
□合計点数による賞与の上下は予め、基準を明確にしておく(公
開するかどうかは別

基本給をいじるのは非常に手間がかかります。基本給の評価基準を
明確にするとなると、レベルごとの基準設定など、大変ですし、運
用もいきなりは難しいです。先ずは、賞与の評価に対して基準を設
定することのほうが簡単だと思われます。

————————————————————
5.評価基準の運用

賞与の評価基準は作ったとしても、導入する際に失敗してしまって
は意味がありません。導入に際しては、以下の点に気をつけてくだ
さい。

□賞与の評価期間が始まる前に、各スタッフと個人面談を行ってく
ださい。
□つまり、賞与が支給される6ヶ月前に賞与の評価基準について本
人と話し合って、評価基準の内容を説明してください。
□一番最初は、全員を集めてミーティングを開き、評価基準を導入
することの意味や目的を話し、スタッフのメリットとデメリット
をきちんと説明してください。
□評価基準についてはスタッフの自己評価をさせ、院長評価とのズ
レと支給額について説明する個人面談を賞与支給時期に再び行う

最低限、以上のことには注意をして、評価基準を導入してみてくださ
い。今回は、概要的にお話をしたので、分からないことも合ったと思
います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事