マネジメント > 労務・人事評価・採用

まだ院長のご機嫌評価を続けますか?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弊社では、今年、新たに評価制度を導入しました。
もちろん、社内での混乱がなかったわけではありません。

しかし、きちんと1年間の行動を数値評価できるような仕組みを導入すると
経営者の主観や評価直前の行動だけを評価するようなご機嫌評価ではなく
なるという大きな効果があるのです。

そして、経営者が「この人はコレぐらいだな」と思っていた(主観)がきちん
と評価表、評価の数値として表現されるので客観的なのです。

もちろん、評価がある以上、全てを客観的にすることは不可能です。
しかし、その納得感が違いますし、基準が明確ですから、やる気のある人が
より頑張ろうと思ってくれるようになるのです。

そして、その基準をクリアしたら、どのように賞与と給与が変わるのかが
明確ですので、やる気があって、能力が高い人の賞与と給与は速いスピード
で上がっていくようになっています。

逆に、院長のご機嫌評価を続けていると、院長に気に入られないといけませ
んし、給与は年功序列で、年数が経たないと上がりません。

これでは、若いスタッフが頑張り続けようと思うのも難しいですし、医院の
中心メンバーになって行こうとも思いづらいのです。

院長のご機嫌評価ですと、幹部候補が育たないのです。
なぜなら、院長-チーフ-スタッフという階層になってるからです。

チーフ以外のスタッフは皆、横一線。
チーフの下が育たないのは当たり前なのです。

ランク制にすれば、院長-チーフ-Aランク-Bランク-Cランクと階層を
作り、チーフの下のスタッフを育成していくことが可能になるのです。

そして、各ランクごとに満たすべき評価表がある。
もし、そのような評価制度がないために、今年の賞与でスタッフの納得感が
得られなかったのであれば、評価制度の導入をオススメします。

評価制度の導入は簡単ではありません。しかし、人事評価制度の構築を外部に
依頼すれば数百万円もの費用がかかります。

そこで、歯科医院の評価制度を院長とチーフが協力して構築できるマニュアル
を歯科医院地域一番実践会ではご用意しております。

院長のご機嫌評価にさよならするための格安チケットです。
⇒ http://www.consuldent.jp/package/jinji.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事