マネジメント > 労務・人事評価・採用

交通事故は本当に恐ろしい

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は自動車に乗らないから詳しくは知りませんでしたが、本当に交通事故
は恐ろしいですね。

何といっても、被害者は車を選べません。
加害者の車がどんな保険に入っているか分からないのです。

任意保険に全て入っている車であれば、まだいいのですが、自賠責しか
入ってないような車だった場合には本当に悲惨です。

これはよく言われる話なので、皆さん、ご存じだとは思いますが、重要な
ことなので、あえてお伝えします。

歯科医院の場合には、車・バイクで通勤するスタッフも多いと思います。
歯科医院への通勤時間中の事故は雇用主にも責任が追及されます。

ですので、もし、自賠責しか加入してないスタッフの方が事故った場合
には、自賠責でカバーできない損害は雇用主に請求されます。

たとえば、信号機にぶつかって、信号機が折れてしまった場合、軽く
300万円以上の請求が来ます。もし、人をひいて死亡してしまったら、
軽く雇用主に数千万円の請求が来ます。

最近の若い人は自分さえよければいい、目先良ければいい、お金が
もったないと考えて、自賠責しか入らない人もいます。

そんなスタッフが車通勤しているのは走るリスクを放置するような
ものです。今すぐ、対処が必要です。

では、どのような対処が必要なのでしょうか。
それは・・・

できれば、以下の保険に全て入ってもらい、保険の証書を必ず、提出
してもらいましょう。入ってない場合は通勤は電車かバスにしてもら
うことをオススメします。

○ 対人賠償保険(無制限)
○ 対物賠償保険
○ 車両保険
○ 自損事故保険
○ 搭乗者傷害保険
○ 無保険者傷害保険
○ ドライバー保険
○ 示談代行サービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事