マネジメント > 労務・人事評価・採用

求人ページを強化する

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既に多くの衛生士学校の学生が就職先を決めていますが、まだ決めてない学生
や国家試験が終わってから就職活動をする学校も一部にはあります。

ですので、今からでも、新卒DHの採用は力を入れれば、できるかもしれない
のです。

しかし、多くの医院のHPをチェックするととても残念なことがあります。
それは求人ページがとても貧弱なのです。

ひどい医院さんは雇用条件しか書いてない。

先ず、働く立場に立って考えてみて欲しいのです。
今時、ちょっとまともな人は自分が働く医院を選ぶ時に、その医院がどんな
医院なのか、ホームページをチェックします。

その時、求人ページに雇用条件しか書いてなかったら、どうでしょう?
今時、歯科衛生士さんにとっては、働く歯科医院はいくらでもあるのです。

大切なのは、他にもたくさん歯科医院がある中で、なんで、うちの医院で
働いた方がいいのか?

という理由です。
その理由がない医院は利便性で選ばれるしかなくなります。

利便性で選ぶ。
つまり、雇用条件で選ぶということです。

家からどれだけ近いか
お給料は他よりも高いか
終わる時間は他よりも早いか

全て、条件です。
あなたはそんな雇用条件だけで就職先を選ぶ人を採用したいですか?
そうなら、いいんです。

でも、そうでないのなら、その仕事のやりがいや成長度合いで就職先を選ぶ
人が自分の医院が求める人だと思うのであれば、仕事のやりがいや成長できる
環境であることが伝わる求人ページにする必要があります。

しかし、ほとんどの歯科医院の求人ページにはそんなことは書かれてないの
です。これでは、いい人材を採用できないのは当たり前です。

それと、今の若い女性スタッフが気にするのは職場の人間関係です。
はっきり、言えば、その仕事のやりがいや成長よりも人間関係をとても
気にします。

ですので、求人ページにはいかに、医院の人間関係が良好であるかが伝わる
ような写真をふんだんに盛り込むことをオススメします。

それと、先輩スタッフの体験談も入れたほうが良いですね。
先輩スタッフの名前、顔写真、卒業高校、勤務年数も入れて、働いての感想
を入れるのです。

そうすると、それを見た学校の後輩などは安心して、応募しやすくなります。

もう1つ、今の若い女性スタッフが気にするのは「教えてくれること」です。
「自分は本当に衛生士として1人前になれるんだろうか?」という不安が常に
あるのです。

その不安を解消してあげるためにも、院内でマニュアルやカリキュラムを確立
する必要があるのですが、そのような教育カリキュラムとマニュアルがあるか
ら入っても安心だと求人ページで伝えてあげてください。

以上のような求人ページに変更すれば、あなたの医院も採用がより上手く行く
可能性が高まるはずです。是非、やってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事