マネジメント > 労務・人事評価・採用

面接で嘘を言っても、何も問題にならない

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の日本の法律では、全くおかしな話だと思いますが、面接で全くのウソを
ついても、解雇することも何もできません。

たとえば、前職でこんな風に頑張って、こんな成果を出した。

という話が全くのウソだとしても、解雇も何もできません。
もちろん、経歴や資格がうその場合は解雇相当事由になります。

面接官「当院では、●●のような課題がありますが、大丈夫ですか?」

面接者「大丈夫です!私、勉強するのが大好きです!」

という話が全くのウソで、本当は勉強嫌いだったとしても、何もできません。

最近は、不況になり、雇用環境が悪化しているため、歯科助手の採用の際は、
しっかりとした採用活動をしないと、面接で行ってることだけを信用して、
採用すると、後で大変なことになりかねませんので、気をつけてください。

採用したら、辞めさせることは今の日本の法律では非常に難しいです。
変な人は採用しないに限ります。

では、変な人を採用しないためには、どうしたらいいのでしょうか?
それは行動を見ることです。言葉を信用してはいけません。
何の責任も取らなくて良いのであれば、人はいくらでも嘘を言います。

そんな人を採用したら、本当に後が大変です。
そうならないためには、行動してもらう課題を出すことです。

2次面接までに読書感想文を書いてもらう。
Drであれば、模型実習をしてもらう。
2次面接の後に半日体験をしてもらう。

そのような課題を通して、実際に行動する人なのか、積極性があるのか、
そういうことを見て行くようにすることをオススメします。

最近では、Drであっても、変な人がいっぱいいます。
やる気がない人もたくさん、います。

これまではマイナススタッフの問題が大きかったですが、最近では、
マイナスDrが出現してきました。

Drがスタッフをマイナスな方向に先導していくのです。

Drはスタッフよりも影響力が強いため、マイナスDrが入ってしまうと、
医院はあっという間に、悪い方向にシフトしてしまいます。

これまで何年もかけて積み上げた医院が1人のマイナスDrによって、
たったの3ヵ月ぐらいで崩されてしまうということだってあるのです。

そのようにならないためには、しっかりとした採用活動、言葉ではなく、
実際の行動を見る採用活動をされることをオススメします。

これまで「頑張ります!」「やる気あります!」と言って、頑張らない人を
私はたっくさん、見てきました。面接の時の言葉を信じてはいけません。

その人の行動を信じましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事