マネジメント > 労務・人事評価・採用

採用活動とは組織の未来を創る活動

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、私が最も力を入れているのが採用活動です。
しかし、採用活動というのはやりがいがない仕事だとつくづく思います。

普通に求人広告を打上げ花火のように打ち上げれば、確かに、その瞬間は
人が見てくれて、応募が来ます。

それも1つの有効な求人方法ではあるのですが、それだけではなかなか、
良い人が採用できないのは歯科業界と同じです。

ですので、うちの会社が求める基準を満たす人を採用するために、
「うちに興味があるんだけど、まだ応募してない」という見込み社員を
増やそうと活動しています。

しかし、これがなかなか、難しい。
院長先生にもこれまで「大学とのつながりを増やしてください」「部活の
OB会に顔を出してください」と言ってきました。

提案している以上、私も実践をしているのですが、ある意味で、これは
1本釣りなので、なかなか成果が出ないのです。

大きなマグロを釣ろうと一生懸命、釣りをしているような状態です。
何度、チャレンジしても全然、釣れない。

日々の仕事であれば、やれば成果が着実に出ます。
だからこそ、採用というのは後回しにされてしまうんだということが
自分自身でも最近、痛感しています。

求人広告を出してすぐに応募があるほうが楽です。
しかし、それだけ続けていても、今のような売り手市場ではどんどん採用が
難しくなっていきます。

歯科業界も長期的に見れば、確実に採用が難しくなっていきます。
そんな時でも、採用を成功させ、医院の未来を作って行くためには、
今から見込みの人をいかに増やしていくかに尽きると思います。

私も成果が出たら、皆様にご報告しますので、頑張っていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事