マネジメント > 労務・人事評価・採用

採用面接で医院の理念、こだわりを伝える

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前ほど、採用活動がダメな組織はダメな組織だと伝えました。

現在、歯科衛生士、歯科医師の採用活動をしている医院も多いのではないで
しょうか。

採用活動は本当にしっかりとやらないと、後で大変なことになります。
採用してからの教育も大切ですが、それよりも大切なのは採用活動です。

できれば、採用する前から教育を始めてしまう。
そして、その医院の考え方、やり方に合う人だけを採用するようにするのが
ベストです。

そのようにいうと、

「うちには、そんな選ぶほど、人が集まらない」

と言われます。

しかし、大切なのはこちらが選べるだけの人が集まる、勤めたいと思うような
組織を作ることです。その努力をしないで、目先、人をうまく採用しようと
思っても、極論、無理です。

一番の採用活動は今のスタッフの力を引き出し、今のスタッフにやりがいを
与えて、今のスタッフを輝かせることです。

良い噂はなかなか広まらなくても、悪い噂というのはすぐに広まります。

あなたの医院がスタッフともめたり、院内が険悪な雰囲気になっていて、
スタッフが勤めてもすぐに辞めてしまうような医院になっていると、それが
すぐに地域に広まってしまいます。

あそこは良いよ

という噂が中から広まるような、そんな組織を作ってほしいのです。
それは条件を良くしたり、楽な仕事にすればいいということではありません。

むしろ、逆です。
やりがいを与えてあげることが大切なのです。

しかし、そのためには教育・研修を充実させないといけません。
スタッフへの教育・研修、会議、プロジェクト、患者さまへの対応、色んな
面で思い、こだわり、そういうものが強くなってきます。

逆に、そういうものがない医院は何の特色もない医院で、別にそこの医院に
勤める理由がありませんから、人も集まらない医院になってしまいます。

そのような強烈なこだわりを持ち、それに魅かれる人を多く集め、そして、
集まった人たちに、そのこだわりを採用する前から伝えていく。

そして、そのこだわり・思い・理念に共鳴した人のみを採用する。

これがベストの採用なのです。

そんな採用活動を是非、してみてください。
きっと、最強の組織が出来上がります。

ちなみに、うちの会社では1次面接に1人3時間、かけています。
3人を採用するために求人広告に100万円使いました。
私も含め、6人のスタッフが3日間、会社説明会に時間を使いました。

物凄い時間とお金と労力をかけて採用活動をしているのです。
それは良い人を採用するための投資です。

投資なくしてリターンなしです。

良い人が来ることを運任せにしている組織はダメな組織です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事