マネジメント > 労務・人事評価・採用

新卒採用から育てられる歯科医院は強い

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2018.3.5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が大好きなバスケットボール。
バスケの世界最高リーグといえばNBA。

このNBAは常にリーグを盛り上げるために工夫を重ねてます。
その最大の工夫ともいえるのがドラフト制度。

日本のプロ野球も見習ったらいいと思うのですが、順位が最下位のチームから指名できます。

そうなると、上位チームはドラフトが下位となるため、なかなか強いチームを継続して作ることが難しくなります。

そんな中でも、常に強いチーム作りをしているのが私の大好きなサンアントニオ・スパーズ。

最近では、ゴールデンステイト・ウォリアーズもその1つ。

現在、リーグの2大スーパースターといえば、

ウォリアーズのカリー

キャバリアーズのレブロン

であることは間違いないと思います。

しかし、この2人が作るチームには大きな違いがあります。

それは・・・

・カリーのチームは若手を育てるために積極的に若手を起用する

・レブロンのチームはベテランばかりで若手をほとんど起用しない

レブロンが優勝した2チームでドラフトで獲得した若手が育ち、成長したケースを私は1件も知りません。

しかし、カリーのチームでは既に活躍しているメンバーからして新卒から採用しています。

・カリー
・トンプソン
・グリーン

この3選手が既に新卒ですし、昨年と今年に新卒採用した

・マコー
・ベル
・ルーニー

も積極的に試合に出したり、スタメン起用したりしてます。

今のスター選手だって、いつまでチームにいるか分からないのがNBA。
そうなった時にも、次の選手を育成しておかなければ、チームは一気に弱小チームになってしまう。

それが分かってるからこそ、継続的に強いチームは新卒採用でチームの方針に合う選手を採用し、積極的にチャンスを与えて育てていくのです。

これは歯科医院でも、全く同じことが言えます。
歯科医院もいつ、いきなりチームの主力となるスタッフが辞めるか分かりません。

その時、歯科医院とは違い、外部から主力となるようなスタッフをトレードしてくるわけにはいかないのです。

そうなることを見越して新卒採用に取組み、育てていくことこそが医院の将来を見据えた取り組みになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事