マネジメント > モチベーションアップ

院内旅行に行くことの価値とは!?その1

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2017.11.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、うちの会社では社員全員で沖縄に社員旅行に行ってきました。
今回、初めて、社員の家族も連れていけるようにしました。

しかも、2泊3日の沖縄旅行で1日目から行くグループと2日目から行くグループに別れていたため、準備を担当してくれた社内満足度アッププロジェクトチームの皆には本当に感謝です。
ありがとう。

更に、家族の旅費は今回は自己負担。
1日目から旅行に行く場合は1泊分は自己負担など、更に複雑な条件がありました。

こんな複雑だったのに、準備してくれて、本当にありがとーー
今回の社内旅行のことをFacebookなどで見た方からはこのように言われます。

「皆で沖縄に行けるなんて、凄いですね!」

この「凄いですね!」にはいくつかの意味が含まれてます。
1.沖縄に皆で行けるなんて、お金がたくさんかかるのに、そこまで社員旅行にお金をかけられるなんて凄い

確かに、お金はかかります。
今回、社員は18人で行ってますので、結構な人数です。
細かい金額は忘れましたが、軽く100万円はかかってます。

しかも、今回は家族も一緒なので遊び中心。
それでも、これだけのお金をかける意味があるのか?

直接的にはあまりないかもしれないですね。
別に、沖縄に皆で行ったからといって売り上げが上がるわけじゃありません。
2.沖縄に皆で行けるなんて、チームワークが良いんですね

実は、これも大きいと思います。
最近、私のクライアントの医院でも、院内旅行に行こうとしたら、行きたくない、そんなお金があったらお給料でくれ、とか悲しい話を聞きます。

そんなスタッフに「なんで行きたくないの?」と聞いてみました。
そうしたら、こんな悲しいことを言ってました。
悲しいですが、これが若いスタッフの本音のようです。

「スタッフ同士は仲がいいんですよ。食事に行ったりもしますし。
でも、わざわざ、仕事じゃないのに、皆と一緒にいたいとまでは思わない。

それに、上の人もいるんですよね?
なんで、仕事でもないに、わざわざ上の人に気を使うために旅行に行かないといけないんですか?」

これを聞いたのが沖縄旅行の直前だったので、「うちのメンバーもこう思ってんのかな?」と悲しくなりました。

でも、これはそんなにやる気のないスタッフであれば、思ってる可能性は高いと思われます。
そして、そんな時代からだからこそ、院内旅行に行く価値があるのではないかと私は思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事