マネジメント > モチベーションアップ

バスケでも目標設定が大切

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は現在、バスケのチームに参加しています。
バスケが終わると、何人かで飲みに行きます。
私はお酒は飲みませんが、飲み会には行きます。

まだまだ、バスケが下手な私は上手い人に
「どうやったら、上手くなれるかな?」
と相談します。

すると、こんなことを言われたのです。

「先ずは、自分がなりたいと思うプレーヤーを決めることが大切
だよ!

どんなプレーヤーになりたいかが分かれば、そういうプレーをする
ために何が足りないかが分かるでしょ?

そうしたら、それを埋めるためには、どうすればいいかが分かる
じゃん!

そうしたら、後は、それを一生懸命、やるだけだよ!」

なんと!
いつも、私が言ってることをそのまま、言われてしまったのです。

これを聞いて、「仕事でも、バスケでも、上手くなるために必要
なことは一緒なんだなー」「やっぱり、原理原則は一緒なんだな」
としみじみしてしまいました。

また、同時に、いつも自分が仕事ができるようになるために伝えて
いることが自分自身でバスケに活かしきれてないことを気付かされ
ました。

皆さんも、是非、以下のようなことから、しっかり考えてみて
ください。

・自分がどんな歯科医師になりたいのか?

・自分がどんなマネージャーになりたいのか?

・自分がどんな経営者になりたいのか?

・自分がどんな父親になりたいのか?

・自分の医院をどんな医院にしたいのか?

・自分はどんな人生を歩みたいのか?

このモデル探しをすることが、やはり、全ての上達のための第一歩
なんだと私も改めて、気付きました。

私のバスケと違い、仕事は遊びや趣味ではありません。
生涯、真剣にやり続けるものです。

その仕事がマンネリ化したり、つまらなくなったり、上達しなかったり
したら、それは辛いことだと思います。

そんな辛い思いを毎日、感じることなく、毎日の仕事で充実感と楽しさ
を感じるためにも、モデル探しから、やってみてはいかがでしょうか?

そういう意味では、私がやっている経営塾に参加すると、
医院が、院長が、スタッフが、人生が、大きく良くなっていくのは
そういうことなのです。

つまり、経営塾の中で、自分のモデルを見つけ、何が足りないのかが
分かり、その差を埋めるためにどうすればいいかが分かるわけです。

そして、それを一生懸命、やる仕組みがあるので、全力でやるわけです。
そうすると、成果が実感できるから、後は自分でも頑張れるのです。

あなたもモデル探ししてみませんか? 歯科医院地域一番実践経営塾
⇒ http://www.consuldent.jp/jissen/basic.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事