マネジメント > モチベーションアップ

院内旅行を成功させる

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は多くの医院で、院内旅行に行かなくなってるそうです。
確かに、最近では多くの企業でも、社内旅行を取りやめてるそうです。

その理由は
「休みまで会社の人と一緒にいたくない」
「そんな旅行に行っても、楽しくない」
というもののようです。

院内旅行ですから、全員が参加しないと意味がありません。
しかし、「行きたくない」という人がいると無理やり、行かせるわけにも
いかないので「それだったら、止めるか?」となってしまうようです。

確かに、医院側としてはお金まで出して、かなり色々な準備までしている
のに、スタッフに嫌そうな顔で参加されたら、それは院内旅行を止めたく
なるのも無理はありません。

しかし、これまで数多くの医院を見てきた中で、分かるのは院内旅行に
行きたくないというスタッフがいる医院、そういうスタッフの数が多い
医院程、スタッフ同士、院長とスタッフの関係など、院内の人間関係が
良くないのです。

つまり、院内旅行自体が問題なのではなく、院内の人間関係こそが最大の
問題なのです。

現に、以前は院内の人間関係が悪いために、院内旅行に行きたくないと
行っていたスタッフがいたために院内旅行が中止となった医院があり
ました。

しかし、私がコンサルティングする中で、院内の人間関係が改善された
ことで、以前は「そんなの行きたくない」と言っていたスタッフが
「うちは院内旅行とか行かないんですか?」と言い出すのです。

また、院内旅行もやり方によっては、医院を高めるために非常に有効な
方法となりえます。しかし、やればいいというものではありません。
今回は、そのポイントをお伝えします。

Point1.人間関係を改善する
先ほども、お伝えしたように、人間関係が悪いと院内旅行が開催でき
ません。もしくは、行っても、まるで意味のないものになります。

そうならないためには、いつもお伝えしていることを実践し、先ずは、
院内の人間関係を改善することに注力してください。

Point2.院内旅行の目的を明確化する
院内旅行は遊びに行くことが目的ではありません。
もちろん、遊びの要素を取り入れることは大切ですが、遊びであれば、
医院の経費にすることはできません。

院内旅行は研修旅行です。
研修として旅行に行くのです。

「何のために行くのか?」
という目的を明確にすることが非常に重要です。

例えば、
サービスを学びに行く
ホスピタリティを学びに行く
チームとしての一体化を図る
など、目的を明確化しないと、その院内旅行で何をするべきかが
決まりません。

ちなみに、うちの会社では「全員が初めてのことを全員で体験する」
というのを研修旅行のテーマにしています。

そのテーマに基づいて、どこに行くべきか?何をするべきかが決まって
くるのです。ちなみに、うちの会社がそのようなテーマにしているのには
理由があります。

それは、初めての体験を共有することで、互いの信頼関係は深まると
私は思っているからです。そうやって、お互いが成長していく固いを共有
する時、お互いの関係は深くなると私は思っているからです。

Point3.学びの要素を入れる
先ほどから、お伝えしているように院内旅行の目的は研修、つまり、
「学ぶこと」です。

ですから、何を学ぶのか?どうやって、学ぶのか?をしっかりと考え、
それが実現できる内容を院内旅行に盛り込むことが非常に重要です。

そして、そのような学びになり、それが今後のスタッフの成長、医院の
成長になるのであれば、そこにはある程度のお金を投資することも
重要だと私は思います。

ちなみに、うちの会社では今年、ホスピタリティを学ぶということで、
東京ディズニーリゾートに全員で行きました。

そして、単に行くだけではなく、東京ディズニーリゾートの研修を
80万ぐらいかけて、全員で受けてきました。その研修を受けた上で、
ディズニーランドで遊ぶのと、そうでないのとでは学びが違うからです。

Point4.できる限り団体行動する
多くの医院では海外旅行に行き、個人行動し、単に買い物をして帰って
きます。これではほとんど、意味がありません。

どこかに行くとしても、全員で行動する。もしくはチームに分けて団体で
行動することが重要です。

そうすることで、互いがコミュニケーションをとって、信頼関係が構築
されていくからです。個人行動を入れるとしても、最小限の時間にとど
めることが重要です。

Point5.事前学習を徹底する
全ての物事は事前準備で成果が決まります。
これは院内旅行も例外ではありません。

事前準備をしっかりすることで、確実に院内旅行は単なる経費から投資
へと変わります。

では、どのような事前準備、事前学習を行えば良いのでしょうか。
それは「Point3.学びの要素」について事前学習をするのです。

今回の学びのテーマについての本を読む、事前に調べる、人に聞くなどを
しっかりしてもらうのです。これをするだけで、学びは格段に高まります。

学び、そして、院内旅行で体験すると知識としての定着が格段に上がるの
です。だからこそ、そこでの学びが気付きとなり、自分の行動を変える、
医院での取り組みへと昇華することが可能になるのです。

Point6.夜は研修を行う
院内旅行はせっかく全員が長い時間を共有する絶好のチャンスです。
このような時間に普段はなかなか、じっくり話すことができないテーマ
についてディスカッションする時間を取ることが重要です。

また、そのテーマについて、普段、院長が考えてることをじっくりと
時間をかけて伝えることも重要です。

院長が考えてることをしっかりと伝え
それについて全員でディスカッションし
そのテーマについて院内旅行で体験し
気付き・学びを得て医院の取組みとして導入される

この流れができれば、院内旅行も立派な教育投資になるのです。

Point7.研修レポートを提出してもらう
院内旅行はあくまで研修旅行です。
きちんと経費として計上するためにも、スタッフに必ず、研修レポートを
提出してもらいましょう。

そして、研修レポートを書いてもらうことで、院内旅行の学び・気付きを
行動に落とし込んでもらうことが重要です。

そして、ある程度、この流れが確立され、スタッフも育ってきた段階で、
院内旅行の準備、しおりの作成などをスタッフに任せられるようになって
いくと、更に医院が成長していきます。

是非、来年は院内旅行を医院のレベルアップに活用してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事